カプチーノ!イタリアで好まれるコーヒーのひとつ

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

カプチーノは、イタリア発祥のコーヒーです。カプチーノは、エスプレッソのアレンジで、エスプレッソにフォームドミルク(泡立てた牛乳)を注いだものです。

表面のフォームドミルクの部分に、模様が描かれたデザインカプチーノは、見た目のおしゃれさや楽しさから、高い人気があります。

カプチーノとは何か

カプチーノは、イタリア語の「cappuccino」です。この「cappuccino」の元来の意味は、イタリアのカプチン会の修道士のことを指しました。なぜ、カプチーノがこのように呼ばれるようになったかは、この修道士の服の色に似ているから、あるいはフォームドミルクの泡の部分の見た目が蓋(cappuccio)のようだから、等、諸説があるようです。

カプチーノは、濃厚なエスプレッソに泡立てたミルク(フォームドミルク)を加えることによって生まれた、ふんわりとした口当たりとマイルドな味わいが魅力のコーヒーだといえます。

ですから、カプチーノの出来栄えは、エスプレッソとフォームドミルクの出来が非常に重要になってくるのです。

カプチーノを作るために必要なもの

(1)エスプレッソを作るために必要なもの

カプチーノを作るためには、まずエスプレッソを作ることができる環境が必要です。

エスプレッソは、高い圧力をかけて作るコーヒーのため、エスプレッソを作るための専用のエスプレッソマシンなどを用いなければ作ることができません。

近年、コーヒー愛好家のあいだでは、家庭用エスプレッソマシンを揃える人も多くなりました。

カプチーノを家庭で自作したい場合は、家庭用エスプレッソマシン等を用意します。

これでエスプレッソを作ることが可能になります。

(2)フォームドミルクを作るために必要なもの

エスプレッソとは別に、フォームドミルク(泡立てたミルク)を作ることができる環境も必要です。

フォームドミルクの作り方には、次のような方法があります。

○ミルクフォーマーを使う

○エスプレッソマシンのスチーム機能を使う

ただ、デザインカプチーノ(ラテアート)を作りたいという場合には、エスプレッソマシンの機能を使う方が、よりきめの細かいフォームドミルクを作ることができるため、より適しています。

カプチーノの作り方

カプチーノの作り方は次のような手順になります。

  • エスプレッソを作る

エスプレッソを淹れます。

カプチーノは、エスプレッソの上にフォームドミルクを注ぎますが、やはりクレマ(エスプレッソの表面に浮かぶ泡のこと)がきれいにできていることが重要です。

  • フォームドミルクを作る

フォームドミルクの作り方は、ミルクフォーマーを使うのか、それともエスプレッソマシンのスチーム機能を使うのかで、異なってきます。

エスプレッソマシンの機能を使う場合は温度が高くなるため、冷えたミルクを使うようにします。

  • エスプレッソにフォームドミルクを注ぐ

カップに注いだエスプレッソに、フォームドミルクを注ぎます。

これで、ベーシックなカプチーノは完成です。

まとめ

また、カプチーノはトッピングによって、さまざまなバリエーションを作ることもできます。

たとえばココアパウダーをトッピングした「カプチーノ・コン・カカオ」、キャラメルシロップを加えた「キャラメル・カプチーノ」などです。

このような味のバリエーションの豊富さに加えて、カプチーノには、デザインカプチーノ(ラテアート)と呼ばれる表面の装飾の魅力もあります。

カプチーノのフォームドミルクの上に描かれる模様にはさまざまなものがありますが、葉っぱの模様、花の模様、ハート模様、あるいは文字などが定番といえるでしょう。

カプチーノは、ひと昔前はあまり日本ではなじみのないコーヒーでした。しかし、現在では人気のコーヒーのひとつになりました。

このようなバリエーションが楽しめることも、カプチーノの人気の理由といえるのではないでしょうか。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る