カフェ開業に必要な開業資金の内訳をご紹介!

カフェとコーヒー

カフェ開業に必要な開業資金の内訳をご紹介!

飲食店を開業したいとお考えの方が年々増加傾向にあるのですが、様々な飲食店の中でカフェの開業が人気です。

コーヒーに限らず、猫カフェ、ふくろうカフェなどお店のバリエーションも多様化してきました。

しかし、いざカフェを開業したいと考えてもいったいどれくらいの開業資金が必要なのかピンと来ませんよね?

今回はカフェ開業に必要な開業資金の内訳をご紹介していきたいと思います。

■開業資金に必要な3つの内訳

1 内装工事・設備費

理想のお店に仕上げたいと思えば思うほどかさんでくるのがお店の内装工事です。

空調設備、シンク、テーブルや、壁など全ての設備や、店の内装を作り上げようとすると
約1000万円は掛かることがあります。

最初から備品をそのまま引き継ぐことができる居ぬき物件を探すと費用を抑えることができるので、開業資金を抑えたい方にはおすすめです。

また、テンポスドットコム(URL:http://www.tenpos.com/fs/tools/c/outlet-coffee-machine)といった中古で機材を揃えるのも一つの手なので検討してみてはいかがでしょうか。

2 店舗に支払う家賃

開業をするためにテナントを借りる必要があるので家賃費用が必要になってきます。
費用は立地によってことなりますが、都心の場合月額15万円前後必用になってきます。
また、半年~10ヶ月くらいの敷金や保証金が必要になってきますので、賃貸費用は100~500万円を目安として考えておいた方が良いでしょう。

3 運転資金

運転資金は、カフェを開業して軌道に乗せるまでに必用な一番大事なお金です。

初月から黒字経営にするぞと意気込むことは良いことなのですが、店を開業する前に使い果たしてしまっては、

もしもうまくいかなかった場合に店を続けることができません。

家賃や材料費、人件費が月どれくらい掛かるのかをしっかり計算し、6ヶ月~1年分の運転資金を用意しておくと、

お店の良い点、悪い点が見えてきて、改善に繋がり店は安定できる可能性が高くなると思います。

100万円以上用意しておくのが無難でしょう。

以上、開業資金に必要な内訳でした。

自分の理想を全て叶えようとすると開業資金が幾らあっても足りません。

また、お金を沢山掛けたからといって、流行る保障はどこにもありません。

確かにカフェの開業は人気なのですが、安易に人気だからといって開業するのではなく、なぜ自分はカフェを開業していくのかを考えてお客さんの気持ちになって資金を活用して頂きたく思います。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る