カフェ・オ・レ フランスで親しまれているコーヒーの飲み方

現在、コーヒーには様々な飲み方があります。

世界各地で、その土地の文化にあったコーヒーの飲み方が考えだされて、愛されてきました。

フランスのカフェ・オ・レもその一つです。

 

カフェ・オ・レとは何か

 

カフェ・オ・レはフランスで最も親しまれているコーヒーの飲み方です。「カフェ・オ・レ」とはフランス語の「café au lait」をそのままカタカナにしたもので、「café」はコーヒー、「lait」はミルク(牛乳)のことです。

 

カフェ・オ・レは、このように単語そのものから、それが生まれた国がどこなのか、どういう作り方をするのかが伝わる名前でもあります。

 

 

 

カフェ・オ・レの作り方

 

カフェ・オ・レは、名前の通り、コーヒーとミルク(牛乳)を合わせて作ります。

コーヒーにミルクを入れる飲み方はカフェ・オ・レ以外もいろいろありますが、カフェ・オ・レで最も特徴的なのは、コーヒーとミルクの比率にあります。

 

カフェ・オ・レは、基本的にコーヒーとミルク(牛乳)の比率は同量です。

 

ですから、他のミルクを混ぜたコーヒーに比べると、かなりミルクの比率が高いコーヒーの飲み方であるといえます。

そのため味はマイルドになり、濃いコーヒーに比べると、より多くの分量を飲める飲み方となっています。

 

 

カフェ・オ・レの基本的な作り方です。

 

○コーヒーを作る(深煎りのコーヒーがカフェ・オ・レには向いています)

○コーヒーと同量のミルクを温める(鍋か電子レンジを使用。沸騰はさせない)

○コーヒーとミルクをカップに注ぐ(砂糖などは適宜好みで)

 

フランスでは、大きめのカップにカフェ・オ・レたくさん注いで飲むことが多いようです。カフェ・オ・レは、小さなデミタスカップで飲むのに適しているコーヒーではありません。

 

 

 

 

カフェ・オ・レとカフェ・ラテの違い

 

カフェ・オ・レと似たようなコーヒーの飲み方に、カフェ・ラテがあります。

カフェ・オ・レとカフェ・ラテは似ているようですが、同じものではありません。では、どのような違いがあるのでしょうか。

 

○カフェ・オ・レ……フランス語。カフェ(コーヒー)とレ(ミルク)で作る

○カフェ・ラテ……イタリア語。カフェ(コーヒー、ただしエスプレッソのこと)とラテ(ミルク)で作る

 

カフェ・オ・レとカフェ・ラテの最大の違いはコーヒーの部分です。

カフェ・ラテでは、カフェ・オ・レとは異なり、コーヒーの部分はエスプレッソを用います。

 

また、カフェ・オ・レは、コーヒーとミルクが同量ですが、カフェ・ラテはそこまでミルクの比率が高くはありません。

ですから、カフェ・オ・レとカフェ・ラテは味もかなり違ってきます。

 

 

 

まとめ

 

カフェ・オ・レはフランスで生まれたコーヒーの飲み方です。フランスの文化に溶け込んだ、フランスの文化を象徴するもののひとつともいえる飲み物でもあり、フランスの映画や小説などにもしばしば登場しています。

カフェ・オ・レは、フランス発祥のコーヒーの飲み方ですが、現在では日本でも人気のコーヒーのメニューとなっています。カフェ・オ・レのミルクが多いマイルドな味わいは、大人から子供まで親しみやすい味となっています

 

濃いコーヒーが苦手な人、ありおじゃミルクが好きな人に向いているのが、カフェ・オ・レといえるでしょう。

 

カフェ・オ・レの場合、特別な道具を揃えなくても手軽に作ることができるのも魅力のひとつです。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る