カフェラテとカフェオレの違いは?ラテアートについても調査!

カフェラテはラテアートが日本でも人気

カフェラテとは?

カフェラテとはイタリア語で「ミルクコーヒー」という意味の単語です。同じ意味で違う言葉として「カフェオレ」がありますが、こちらはフランス語なんですね。名前が変わっても意味は同じですが、実は違う面もあるのだとか。

今回は中でも、カフェラテについて詳しく調べてみました。

カフェラテはコーヒーとミルクを混ぜて作ります。このコーヒーがカフェラテでは「エスプレッソ」なんですね。エスプレッソとは濃厚な味の豆を長時間かけて焙煎し、抽出するというイタリア式のコーヒーの淹れ方で基本的に「エスプレッソマシーン」という専門の機械で作られます。

エスプレッソはとても濃厚な味で、見た目も真っ黒です。そのためできるだけ少量を少しずつ楽しむんですね。そんな少量のエスプレッソに、ミルクをたっぷりと注いで作るのがカフェラテです。

エスプレッソが2割で、ミルクは8割ほど入れるので、半分以上はミルクなのが「カフェオレ」です。苦さの強いエスプレッソと、甘いミルクが相まった、どちらかというと少し大人向けなコーヒーがカフェラテではないでしょうか。

カフェラテといえばラテアート

さて、カフェラテといえばラテアートを思い浮かべませんか?これはカフェラテだからこそできるもので、可愛いものや個性豊かなデザインなどもあり、今では日本でも自宅で楽しむ方もいるくらい、人気が高くなっています。

ラテアートはエスプレッソマシーンでカップにエスプレッソを注ぎ、そこに温めたミルクを入れる時にちょっとだけひと手間を加えて、作ります。

というのもエスプレッソマシーンを使うと、その表面にとても繊細な泡ができるんですね。そこにミルクを注ぐと、泡がぎゅーっと濃縮されて模様ができるんです。手の使い方や道具を使えば模様だけではなく、キャラクターなども作ることができます。

また最近では独自にミルクを泡立てて、3Dのミルクの泡を乗せたカフェラテも増えています。これは日本でとても人気が出ていて、猫や犬など、かわいいモチーフのラテアートが立体的に楽しめるものです。

自宅で簡単に作るには

もしカフェラテを自宅で楽しみたいという方がいれば、まずエスプレッソマシーンを購入する必要があります。エスプレッソはこのマシーンが無いと作ることができないので、必須なんですね。また、これがあると、自宅でもラテアートが楽しめるので、もしカフェラテが大好きな方はぜひ購入を検討してみましょう!

ただし、このエスプレッソマシーンは機械によって使い方にコツがあり、さらに最初のうちはエスプレッソを抽出するだけでも一苦労、なんてこともあるのだとか。だからこそ、毎日何度か練習をして、上手く入れられるようになったら、その次のステップとして、ラテアートに挑戦してみるのも良いですね。

インスタントもオススメ

またカフェラテはインスタントの商品でもたくさん販売されています。コンビニなどにも大手コーヒー会社がおいしいカフェラテをお湯を注ぐだけで楽しめる商品を用意していて、私も毎日飲んでいます。

最近ではとてもおいしいカフェラテを安くいただけるようになっていて、その味の種類もさまざまです。ぜひ自分の好みの味を、探してみて下さいね。

エスプレッソマシーンは高級なものも多いので、できるだけデイリーに気軽に楽しみたいという方は、そんなインスタントのカフェラテもとってもオススメです。

まとめ

カフェラテは日本でもとっても人気なコーヒー。だからこそ、日本独自の発展を遂げた3Dラテアートなどもあるんですね。コーヒー本来の苦みも楽しめる大人に人気なカフェラテを、ぜひあなたなりに楽しんでみて下さいね。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る