カフェを経営するには何が必要?

カフェを経営するには何が必要?
カフェが好きという方の中には、自分でもカフェを経営してみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。それでは実際にカフェを経営するためには、どのような準備や資格が必要なのでしょうか。今回はカフェを経営するための準備や資格、届け出などについてご紹介します。

カフェの経営に必要な準備

カフェをオープンするときには、まずどのようなお店にするのかということを決める必要があります。

店のコンセプトを決める

まず大切になるのがお店のコンセプトです。コンセプトは「どのようなカフェを作りたいのか」ということ。たとえばスイーツの美味しいカフェやこだわりのコーヒーを提供するカフェなど、どのような特徴を持ったカフェにしたいのかを考えるのがコンセプトを決めるというステップです。

商品の価格設定を決める

コンセプトが決まったら、次はどのような商品をどの程度の価格で提供するかという価格設定を行います。どれだけカフェが好きであっても、きちんと収入を確保しなければカフェの営業を続けることはできません。 また、商品の価格設定には、原材料の価格や人件費、光熱費など、商品提供にかかるために必要なコストについても考える必要があります。

座席数や導入設備の種類を決める

カフェを始めるためには、様々な設備が必要です。そのとき、どの程度の座席数のお店にするかによっても必要な設備の種類が変わってきます。 もし大規模なお店を経営するなら、キッチンの設備も大規模にしなければいけません。逆に小規模であれば、大規模な設備は必要なく、家庭用のもので代用できることもあります。

内装や食器・家具類の仕入れ先

カフェをオープンするためには、食器や家具が必要になります。さらにコンセプトによってはお店の内装やインテリアについて考えることも必要です。 その際に重要になるのが、内装や食器・家具類の仕入れ先。仕入れ先によってコストが高くなることもあるため、開業資金と相談しながら仕入れ先を考えましょう。

カフェの経営に必要な資格

他のお仕事と同じように、カフェの経営にも必要な資格があります。ではカフェの経営にはどんな資格が必要なのでしょうか。

食品衛生責任者

食品衛生責任者は、食品衛生の管理を行う人のための資格です。食品衛生責任者はお店で提供する飲食物の衛生上のリスクの発生を防止することが主な仕事です。食品を取り扱う仕事を行う場合、営業許可を受ける施設ひとつごとに一名以上の食品衛生責任者が必要という規則があり、カフェを経営する場合にはお店には一人、食品衛生責任者の資格を保有している人が必要になります。 ただし、食品衛生責任者は経営者や店長である必要はないので、食品衛生責任者の資格を持っている従業員を雇用するという方法もあります。

防火管理者

防火責任者は、火災の発生を予防し、従業員に対して防火上の管理や監督を行うための資格です。防火責任者は三十人以上の不特定の人が出入りする建物には必ず必要なので、三十人以上の席数があるカフェを経営する場合には必要な資格です。 ただし、小規模なカフェで席数が三十に満たない場合には資格は必要ありません。

調理師免許は不要

カフェと言えば、調理師免許が必要だというイメージがありますが、実は調理師免許は必要ありません。調理師免許とは、調理に関する専門知識を身につけているという証明となる資格ですが、調理師免許がないからといってお店で飲食物を提供できなかったり、お店で調理ができなくなるということはありません。 ただし、調理師免許があればお客さんの信頼感を得ることができる、免許獲得の勉強を通じて料理の専門知識を身につけることができるというメリットもあります。

カフェの開業に必要な届け出

カフェを開業するためには、各種の免許だけでなく公的機関に対する届け出も必要になります。

飲食店営業許可

カフェをはじめ、飲食店をオープンさせるにあたっては、まず「飲食店営業許可」が必要になります。これはお店のオープン前に保健所に申請を行う必要があり、資格の証明書やお店の見取り図などを提出、許可を受けなければいけません。

防火管理者選任届

防火管理者選任届は、防火管理者の資格を持っている人を消防署に知らせる届け出です。こちらも飲食店営業許可と同様、お店をオープンさせる前に防火管理責任者の氏名などを消防署に届け出る必要があります。ただし、お店の規模が小さい場合や、自宅を改装してカフェをオープンするなど、収容人数が三十名に満たない場合には届け出る必要はありません。

深夜にアルコールを取り扱うなら深夜酒類提供飲食店営業開始届出書

都心などのカフェでは深夜に営業しているお店も珍しくありません。その場合、もし深夜12時以降にアルコール類を提供するなら、「深夜酒類提供飲食店営業開始届出書」を提出する必要があります。これは深夜の時間帯にアルコールを提供する許可を求めるもので、営業開始の十日前までに所轄の警察署に届け出ることが必要です。 ただし、深夜酒類提供飲食店営業開始届出書は、深夜に限った届け出なので、昼間や深夜12時前にアルコールを提供する場合には必要ありません。

カフェ経営する際のポイント

好きだからというだけでは、なかなかカフェ経営を成功させることはできません。では、カフェ経営を行うときには、どのようなポイントに注意すればよいのでしょうか。

コンセプト

ひとくちにカフェといっても、大手のチェーン店や老舗の喫茶店など、様々な種類があります。もし他に同じようなお店があるなら、カフェをオープンさせてもすぐに経営が立ち行かなくなってしまいます。また、奇抜なことをしてもすぐに飽きられ、お客さんの足が遠のく可能性もあります。 最初にどんな特徴のあるお店にするのかといったコンセプトをしっかり決めておくことが重要です。

立地

カフェ経営を成功に導くため、大事なのがお店の場所です。人通りの多い場所にお店を開けばお客さんは増えますが、家賃も高額になります。逆に目立たない場所であれば、家賃は低い代わりに、なかなかお客さんに見つけてもらうことができませんが、「隠れ家」的な雰囲気を出すことができます。 このように、手持ちの資金やお店のコンセプトなども考慮に入れて、場所を選びましょう。

経営計画

カフェ経営は赤字になりにくいとは言われていますが、実際に経営を続けていくのは至難の業。また、オープン当初はどうしてもお客さんが入らないものです。そのため、ある程度の期間を考えて経営計画を立てておくことも重要です。

カフェ×他の業種で経営する人も増えている

現在は多くのカフェがオープンして、競争も激しくなっている時代。また、カフェは季節によって収入にばらつきがあることもあります。実際にカフェ一本での集客や収入は難しい場合もあり、副業を持ったリ、逆にカフェを副業にするという場合も少なくありません。 そのため、現在ではカフェだけでなく、他の業種とカフェを組み合わせるという方式でのカフェ経営を行う人も増加しています。 たとえば、「雑貨屋×カフェ」「本屋×カフェ」など、カフェ以外の分野で自分の趣味や知識を生かしたお店とカフェを組み合わせると、相乗効果でお客さんを確保することができます。

まとめ

カフェ経営は資格や手続きなど大変なことも多いお仕事ですが、同時に非常にやりがいのあるものです。もしカフェ経営に興味が出てきたという方は、この機会に思い切ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ