エアロプレスで美味しいコーヒーを淹れる方法

コーヒー

自宅で美味しいコーヒーを妥協せず楽しみたいけれど、自分にとってどんな方法で入れるのがベストなのかわからない、という方に向けて、エアロプレスでの抽出方法を紹介していきます。

 

エアロプレスの特徴

 エアロプレスとは、空気圧を利用して、短時間で抽出できる方法です。日本ではまだあまりメジャーな方法ではありませんが、北欧を中心に人気を集めている抽出方法です。マグカップの上にエアロプレスのコーヒーメーカーをのせて、挽いた豆と湯を入れて両手で押してプレスするだけ、といったシンプルな手順ですが、香り高くまろやかな味を楽しむことができて、かつ雑味が少ない、という点が特徴です。そしてハンドプレス同様、コーヒー豆本来の味がダイレクトに感じられる淹れ方です。

 

用意するアイテム

用意するアイテムは、マグカップ、ドリップポット、エアロプレスです。マグカップはあまり薄いものですと、上からのプレスによって割れてしまう恐れがあるので、底が安定していて、できるだけ丈夫なカップを選びましょう。ネルや、ペーパードリップとは違って注ぎ方にこだわる必要が無いので、ドリップポッドは、とりわけこだわる必要はありません。エアロプレスについてはフィルターがあり、金属とペーパーがあります。付属品として付いてないようでしたら忘れずに購入してください。金属で抽出すると、コーヒーの成分がそのまま抽出されるので、エスプレッソのような深みのある味に仕上がります。

 

エアロプレスの淹れ方

1.チャンパーという抽出器の、キャップというろ過する部分に、ペーパーフィルターをセットします。そして、ペーパーフィルターセット後のキャップをチャンパーの底の部分にしっかりはめ、チャンパーをカップの上にのせます。

2.挽いた豆をチャンパーの中にいれ、100℃の熱湯を注ぎいれます。このとき、注ぎ方にはとくにこだわる必要がないのが嬉しい点です。

3.湯と豆を5回ほど攪拌してなじませます。このときあまり乱暴に混ぜてしまうと、コーヒーの雑味まで出てしまうことになるので、静かに混ぜましょう。

4.ブランジャーという押し出す器具をキャンパーに差込み、20~30秒ほどかけてゆっくり押し込みます。この時は、一定の力で押し込むと雑味が出にくくなります。

目的の量が得られたら、チャンパーを外して完成です。

 

まとめ

 今回は、エアロプレスによる抽出方法を紹介しました。プレス式の抽出方法は、コーヒー豆にこだわりを持っている方、本格的なコーヒーを毎回安定した味で飲みたい方におすすめです。挽いた豆に100℃のお湯を普通に注げばよいため、ペーパードリップや、ネルドリップのように注ぎ方にこだわりをもたなくて良いという点が、特徴的です。フレンチプレスのように時間管理をきっちりと行う必要も無いので、より感覚的に気軽に入れられます。また。抽出後はフィルターにコーヒー豆がまとまっていて、捨てるだけなので、ネルや、フレンチプレスよりお手入れも簡単です。

初心者の方は初めて聞く抽出方法だという方も多かったかと思われますが、エアロプレスの扱いやすさを感じていただけたでしょうか。今後は試してみたい、注目すべき抽出方法です。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る