インスタントコーヒーを発明したのは日本人だった

インスタントコーヒー

インスタントコーヒーを発明したのは日本人だった! この事実を知る人はあまりいないでしょう。

時は明治32年、西暦で1899年、今から110年以上も前に、加藤サトルという日本人の化学研究者が世界ではじめてインスタントコーヒーの製造に成功しています。製法は真空蒸発法というものです。コーヒーを入れた容器を真空にし、加熱し乾燥させて水分だけを取り除き、コーヒーの粉末を作るという方法です。現在のインスタントコーヒーはフリーズドライという製法で作られていますが、コーヒーを凍結させるという部分を除くと、真空を利用するという基本の原理は同じです。真空中では水分だけを取り除くことが可能で、食品だけではなく、現代の多くの製品に利用されている技術です。

加藤は輸出用として粉末のインスタント緑茶の開発に取り組んでいました。その一環でインスタントコーヒーの開発にもとりかかって、この製法での製造に成功したとされています。

しかし明治時代の日本では、インスタントコーヒーどころか、コーヒーそのものの需要もごく限られたものでした。そのため加藤は渡米して「カトウ・コーヒー・カンパニー」という会社をシカゴに設立します。そこで研究を続けて、1901年にはニューヨーク州で開かれた博覧会に真空蒸発式のインスタントコーヒーを出品しています。加藤はこのインスタントコーヒーの製法の特許は取ったものの、商品化は行っていません。

それから8年後の1909年、ジョージ・ワシントンというイギリス人が「G・ワシントンのインスタントコーヒー」という名称でインスタントコーヒーを商品化しました。ワシントンも特許を取得していますから、加藤とは異なった製法だったと考えられます。しかし特許を得て、そのうえ「インスタントコーヒー」と名付けて世界で初めて商品化したという歴史の事実から、インスタントコーヒーの発明者はイギリス人のジョージ・ワシントンだというのが国際的な定説になっています。

もっとも、「G・ワシントンのインスタントコーヒー」はあまり売れず、間もなく市場から姿を消しています。インスタントコーヒーが本格的に市場に登場するのは、1938年にスイスの食品会社ネッスルが「ネスカフェ」を発売してからのことです。「ネスカフェ」の製法はスプレードライと呼ばれるものですが、これも真空を利用してコーヒー成分を粉末にするという技術です。加藤が1899年に開発した方法と、基本は同じなのです。

ジョージ・ワシントンというイギリス人は、アメリカ建国の父のジョージ・ワシントンとはもちろん別人で、まったく無関係です。一方の加藤サトルについては記録が乏しくて、その詳しい人物像や経歴、生涯はわかっていません。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る