インスタントコーヒーの発明

インスタントコーヒー

インスタントコーヒーとは、簡潔に、短時間に飲むことができるコーヒーを求めて発明されたもので、コーヒー豆の抽出液を乾燥させて粉末状に加工したものです。お湯を注ぐだけで、インスタントコーヒーは完成するのです。

 インスタントコーヒーは、イギリスでもアメリカでも研究されていましたが、最初に、粉末化を発明したのは日本人でした。

インスタントコーヒーを発明した日本人

 1899年(明治32)、日本人化学者の加藤サトリ博士は、アメリカのシカゴの研究所で緑茶を即席化する研究途上で、コーヒー抽出液を真空乾燥する技術を発明しました。1901年、ニューヨーク州バッファローで開催されたパンアメリカン博覧会で「ソリュブル・コーヒー」と名づけて発表して、1903年、加藤サトリは特許を取得しましたが、商品化には成功しませんでした。

1906年、アメリカ合衆国でジョージ・ワシントンがインスタントコーヒー製法の特許を取得し、製品化し、成功を収めましたが、加藤サトリの製法とワシントンの製法との関連は明らかにされていません。

 その後も、インスタントコーヒーは作られていましたが、今に残る製法は、スイスのネスレ社でした。

スイスのネスレ社

1920年代の終わり頃、ブラジルではコーヒー豆が大豊作でしたが価格相場が暴落したため、コーヒー農家は困窮に陥りました。ブラジル政府は、コーヒーの取引相手であるスイスの食品会社のネスレ社に、余剰のコーヒー豆を使って加工食品の開発を依頼しました。

1937年、ネスレ社は数年後にインスタントコーヒーの開発に成功しました。 

インスタントコーヒーの製法は2つあり、1つは、ネスレ社が開発したスプレードライ(噴霧乾燥)法です。製品は「ネスカフェ」の名で売り出されました。日本ではゼネラルフーズから「ブレンディ」などが製造されています。

もう1つは、フリーズドライ(真空凍結乾燥)法です。1960年代、この方法で製造されたインスタントコーヒーがアメリカ合衆国に登場しました。日本製では、ゼネラルフーズの「グランデージ」「マキシム」、UCCの「ザ・ブレンド」などが製造されています。

日本のインスタントコーヒーの国産化は、1960年代以降のことです。森永製菓とゼネラルフーズは1960年に、明治製菓は1961年に、日本のネッスル社は1966年に日本で製造し、販売をはじめました。

世界初の缶コーヒー

缶コーヒーは世界で製造はされていましたが、日本の万国博覧会場で販売された上島コーヒー(UCC)が開発した缶コーヒーは爆発的な人気となりました。

以降の缶コーヒー業界は、改良され続け、どんどん高品質になっています。作る手間がかからないこと、持ち運びができること、容器はゴミ箱に入れることができ、コンビニや自動販売機で買えるようになったことが、ブームとなった理由です。 

日本は、コーヒーにおける生産地は沖縄の石垣島や小笠原諸島の一部で栽培されているそうですが、栽培に適した23.26度の北回帰線のコーヒーベルトからは外れています。このように生産は極めて少ないですが、日本はアメリカ合衆国に次ぐ消費大国です。

まとめ 

インスタントコーヒーは、世の中のライフスタイルも味覚も多様化の時代になって生まれた即席食品です。急速な成長を見せているコーヒーです。 

忙しい時にはインスタントコーヒーを飲んで働き、時間がある時にはしようと思えば、プレミアムコーヒーの生豆を買って、好みに焙煎して、丁寧に淹れて、ゆったりと楽しむということもできる時代です。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る