アメリカン・コーヒーの正体

アメリカンコーヒー

アメリカン・コーヒーにはふたつの誤解があります。アメリカン・コーヒーは薄いコーヒーを指す、という誤解がひとつ。もうひとつはアメリカン・コーヒーという名のコーヒーがあるという誤解です、

日本でアメリカン・コーヒーが紹介されはじめたころ、喫茶店では普通に淹れたコーヒーを湯で割ってアメリカン・コーヒーとして提供していました。それが当然だと考えられていたのです。しかしアメリカン・コーヒーは単純に薄いコーヒーを指すものではありません。

さらに。アメリカン・コーヒーという言い方は日本でしか通用しません。アメリカにもアメリカン・コーヒーという言葉はありません。

アメリカン・コーヒーを、アメリカでよく飲まれるコーヒーとして説明しましょう。それは浅く炒った豆を、多めの湯で淹れるコーヒーということになります。器具はパーコレーターを使います。パーコレーターでコーヒーを淹れる光景は、アメリカの西部劇によく登場します。パーコレーターは直火にかける器具で、全体が金属製ですから、頑丈で手入れも簡単です。西部劇で見るように、たき火でも簡単にコーヒーを淹れることができます。

火にかけたパーコレーターの中で沸騰した湯が循環して、内部にセットされたコーヒーを抽出するという構造です。火にかける時間が短ければコーヒーは薄くなり、長くなれば濃くなります。その構造からパーコレーターで少量の湯でコーヒーを抽出するのは難しく、どうしても多くの湯を使います。また濃いコーヒーを淹れようとして長く火にかければ、コーヒーが酸化が進んで風味を台無しにするという欠点があります。ですから深入りのコーヒーは向きません。パーコレーターで淹れる場合は浅煎りの豆がよいとされていて、結果的にあっさりしたコーヒーになります。

やはり西部劇にある光景ですが、アメリカ式にパーコレーターで淹れるコーヒーには砂糖もミルク、クリームも入れません。ストレートでがぶがぶと飲むスタイルです。それがアメリカ人の生活様式や好みに合っていたということでしょう。家庭でもパーコレーターでコーヒーを淹れるのが一般的でした。近年はほかのコーヒーの楽しみ方も増えてきて、アメリカ人のコーヒーの好みも多様化してきたようです。

西部開拓時代にさかのぼるアメリカ伝統のコーヒーが日本に輸入されて、単に薄いコーヒーを指すことになった理由はわかりません。パーコレーターを使ったコーヒーはコーヒーマニアからは邪道とされることもありますが、あっさりした味にファンが多いのも事実です。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る