アジアのコーヒー。ベトナムコーヒーとは

ベトナムコーヒー

ベトナムのコーヒー産業が始まったのは19世紀、フランスの植民地支配がきっかけです。
当初はフランスで飲まれるアラビカ種の育成が主流でしたが、後にロブスタ種の方が向いていることがわかり、現在ではロブスタ種の生産量世界二位、コーヒーの生産量でもブラジルに続く第二位の生産量をほこります。
そんなベトナムでは、フランスの文化の影響を受けつつもベトナムコーヒーという一風変わった飲み方が主流となっています。

 

深煎りした豆をコンデンスミルクと混ぜて

 ベトナムコーヒーの特徴は、独得な形をした金属フィルターを使い、深く煎った豆をコンデンスミルクと楽しむところにあります。
 皿と金属製の茶こしをバラバラに設置した様な独得な形をしたフィルターは元々、宗主国であるフランスで使われていたもので植民地支配と同時にベトナムにはいってきたようなのですが、本国のフランスでは廃れて植民地ベトナムでの凍ったと置いう変わった歴史があります。
 また豆もアラビカ種も増えてきて入るのですが、現地では以前から使われているロブスタ種が多いという特徴があります。

 

中々抽出できない金属フィルター

ベトナムコーヒーに使う金属フィルターは、カップにのせる皿とお湯受け、そしてが豆が溢れたりしないようにとめるお湯受け内部のフィルターに蓋という組み立て式になっています。
蓋以外の器具にはお湯が通るとように穴が開いているのですが、どうしても豆がその穴を塞いでしまうので抽出に10分近くの時間がかかります。
そのため現地で出されるときなどは、カップにこのフィルターに乗った状態で出されるということで旅行客などにも人気があります。

 

深入り+長い抽出時間で非常に濃い

ベトナムで主に栽培されているコーヒーはロブスタ種なので、ベトナムコーヒーもロブスタ種が使われることが多いのですがこの種は正直味がそこまでよくありません。
れを深く煎って、しかも長い間抽出するということで、できるコーヒーは非常に濃いものになります。
ですからこのまま飲む方法もありますが、広く知られているのはここにコンデンスミルクや砂糖を加える飲み方です。

 

ミルクではなくコンデンスミルクを

ここにあるもう一つの特徴が、フレッシュミルクを使うのではなくコンデンスミルクを使うというところにあります。
あらかじめ加糖されたコンデンスミルクと混ぜる上に好みで砂糖なども加えるので、コーヒーキャンディーと形容されるような非常に甘い飲み物になるのです。
なぜ通常のミルクではないのかというのは諸説あるのですが、一説では高温多湿のベトナムではフレッシュミルクが手に入れんにくかったからではないかと言われています。
また、ベトナムコーヒーはカップではなくてグラで提供されることが多いのですが、あらかじめ入れておいたコンデンスミルクとコーヒーが二層にわかれて非常にうつくしいコントラストになります。

ベトナムコーヒーはこの他にも、焙煎をするさいにバターで焙煎をしたりアイスコーヒーでも提供されるなど、様々な特徴があります。
これはベトナムの気候風土にあった飲み方に改良された結果ではないかと言われているのですが、日本で飲んでもお非常に美味しいコーヒーです。
専門店や雑貨店などにベトナムコーヒー用に金属フィルターが売っていることもあるので、見かけたのであれば挑戦してみるのもよいでしょう。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る