なるほど コーヒー嫌い

コーヒー嫌い

「コーヒーが苦手。」という方、結構います。

数人でカフェなどに入店すると、コーヒーショップであっても

「ハーブティーありますか?」と聞く率は高いものです。

もちろん、病気などで医師から止められているという場合もあります。

「えっ?やっぱりコーヒーって、あまり身体に良くないもの?」

そんな誤解や噂で、絶対にコーヒーを摂取しない方もいますね。

何が良くて何がダメなのか、ちゃんと考えてみましょう。

・カフェインって中毒性がある?

コーヒーを毎日数杯飲んでいる人にとっては、飲むことでアドレナリンが分泌されて快活になったり集中力が増す素晴らしい飲み物。

夜飲んでもぐっすり眠れるというタイプの人もいるようです。

ただ、ちょっとのコーヒーで不安感や焦り、心拍数が増加するという方はカフェイン感受性が強いと言われています。

そのような方は、コーヒーだけではなく、カフェインを摂取しない日々を過ごしてみることもおすすめです。

コーヒーや緑茶、紅茶、ウーロン茶、ココアなどがカフェインの含まれているものです。

麦茶やハーブティ、炭酸水はOKですね。

1~2週間、カフェインを断ってみると、依存していた方は少しリフレッシュするかもしれません。

眠気や頭痛があるかもしれませんが、しばらくすると離脱症状になり脳がスッキリとしてきます。

コーヒーが好きでも、カフェインの感受性が高い方は時々、摂取を控えめにするといいですね。

しかし、1日に1~2杯で脳内をスッキリとしたり、美味しさを味わう喜びを楽しめることは、活き活きした生活の大切なことでもあります。

カフェインは危険ととらえずに、上手にコーヒーを楽しみましょう。

・コーヒーのカビで、がんになる?

コーヒー豆は、カビの発生しやすい食材であり、アフラトキシンとオクラトキシンという2種類があります。

どちらも確かに発がん性はあり、腎臓や肝臓によくないとも言われています。

コーヒーを飲んだ後に、ムカつきを覚えたりイライラする場合はカビの可能性があります。

意外にもそんなに規制が厳しく制定されていないので、海外より輸入される多くのコーヒー豆に30~50%のアフラトキシンやオクラトキシンが含まれているそうです。

しかしながら、これらのカビ毒は多くの食材に含まれており、チョコレート、ビール、ワイン、穀物などにも同様に入っているものです。

相当量の摂取がない限り症状に出ませんので、気にする方がストレスになって病気のもとになりそうです。

最近では、記憶力をアップさせ、脳卒中のリスクを減らし、筋肉痛をやわらげ、肝臓がんや糖尿病を予防するデータが次々と発表されていますので、飲みすぎなければ健康に良いようです。

それでも、気になる方は、スペシャルコーヒーという手作業で良い豆だけを選定したものを飲むと良いことでしょう。

 

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る