なぜ朝?世界中の人が朝コーヒーを飲む3つの理由

なぜ朝?世界中の人が朝コーヒーを飲む3つの理由

朝コーヒーを飲む3つのメリット

 ◎覚醒作用

コーヒーと言えばカフェイン。そしてカフェインといえば「覚醒作用」。朝眠気を覚ますために飲む人も多いですよね。

では、実際に目を覚ますにはどれくらいのカフェインが効果的かご存知でしょうか?目安としては、1回に100mgから200mgほどだそうです。最近流行りのエナジードリンク等もこれくらいの量が含まれています。

コーヒー100mlに対しておよそ50mgのカフェインが含まれているので、コップ1杯ぶんほどが覚醒作用を得るには適量。朝の朝食時や出勤時などに1杯のコーヒーを飲んだり、缶コーヒーを飲むとその後に目が覚めたような感覚があるのは、とても理になかっているんです。ただし、注意が必要!コーヒーを摂取してからおよそ30分間は逆に、急激な眠気を感じることもあります。これは、カフェインが摂取してから血流に乗って脳に到達するまでに30分ほど時間を要するからです。カフェインが眠気に効き始めるまでは時間がかかることは、抑えておきましょう。

◎便秘の解消

この効果は意外と知らない方も多いのではないでしょうか。コーヒーを朝に飲むメリットの二つ目は「便秘の解消」。これも原因の一つはカフェインです。
カフェインには胃液の分泌を活発にする働きや、利尿作用があるとされています。

また、コーヒーにはもう一つ、オリゴ糖が含まれています。このオリゴ糖にも腸内環境を調える効果があるのです。

朝食の際にコーヒーを飲むとこういった二つの成分が、胃や腸の働きを正常にしてくれるので、便秘だった人も気づいたら解消されていた、ということが起こるのです。健康面から見ても、朝にしっかりと排便が行えるのは理想的な状態ですよね!

◎ダイエットのサポート

またもコーヒーに含まれるカフェインが活躍してくれます(笑)。

カフェインには脂肪分解を促進したり、エネルギー消費を高めてくれる効果もあるのです。そのため、朝活動を始める前に飲むことは、1日の代謝を高く保つうえでとても効果的なのです。もちろん朝だけでなく、運動をする30分前に飲むことでも脂肪を効率的に燃焼できるようになるのでオススメですよ。

また、ダイエット中はイライラしやすくなる人も多いかと思います。食事制限をしたり、間食を抜いたり、甘いモノを我慢したり。毎日の誘惑の中でこういったストレスにより、ダイエットを諦めてしまったり、ダイエット後のリバウンドにつながるケースも多いですよね。コーヒーは精神的に安定させてくれる、リラックス効果もあります。コーヒーを飲むとなんだかほっこりとした気分になったり、落ち着いた気分になったことは誰もがあるのではないでしょうか。

心身ともにダイエットのサポーターとしてもコーヒーは活躍してくれるのです!

朝に飲むコーヒー、オススメの飲み方

コーヒーと一言で言っても飲み方は様々。上記のような朝コーヒーの3つのメリットを享受するためには注意していただきたいことが2つあります!

ポイント1:ホットで飲むこと

朝から身体の感覚を活発にするためには、ホットがおすすめ。成分は変わりませんが、朝からシャキッと身体が動きます。

ポイント2:朝食を摂ること

上述したように、コーヒーには胃腸の働きを活発化する効果があります。しっかりと朝ごはんを摂ることでこの効果が得られます。朝ごはんをコーヒーだけにすることは避けましょう!

カフェ・コーヒーについて

コーヒー資格取得検定講座はこちら

ページトップへ