ご家庭で簡単に。コーヒーメーカーの世界

コーヒー

かつてはコーヒーメーカというと業務用の高いものや高級品扱いでしたが、現在は家庭でも手軽に楽しめる程度の値段で販売されるようになっています。
そんなコーヒーメーカーですが、主流はドリップ方式とエスプレッソ方式の2つです。
ここではそんなコーヒーサイフォンについて解説したいと思います。

 

コーヒーと水を淹れるだけ「ドリップ式」

現在家庭でコーヒーメーカーと読ぶのはほとんどの場合こちらのドリップ方式のものです。
基本は手で行うドリッパーと同じで、フィルターの上に載せた珈琲豆にお湯をくぐらせてコーヒーを抽出するという方法をとっています。
大半の商品では電熱線が内部に内蔵されており、指定の場所に水とフィルター(っ商品によっては金属フィルターなどで必要ない場合がある)を設置して、スイッチを入れるとお湯がわきコーヒーが抽出されるという仕組みです。
また商品のバリエーションとして、電動ミルが内蔵されており豆を入れるとその場で挽いてくれるタイプや、コーヒーを貯めるサーバーに魔法瓶機能が付いているもの、物によっては紅茶や緑茶の抽出に対応しているものなどあります。
豆の品質や香りなどを自分で確認して一杯ずつ淹れるドリップ方式に比べると、機会が自動にやってしまうのでどうしても味や香りが落ちると言われていますが、最近のコーヒーメーカーは日々発展しており素人が淹れコーヒーより何倍も美味しいコーヒーがいれられるということも珍しくありません。

 

家庭用エスプレッソマシーンについて

家庭用コーヒーメーカーの中でももう一つ人気が有るのがエスプレッソマシーンです。
こちらは粉をならしながら圧縮するタンピングなど、ボタン1つでというわけでは来ませんが家庭でエスプレッソが楽しめるということで、幅広い人に愛されています。
種類も業務用と謙遜がない100万円クラスのものから、家庭用の数万円のものまで様々なものがありますが、最近コマーシャルなどで有名な方法がネスプレッソとよばれるタイプです。
これは中に粉が入っているパックをセットするだけでエスプレッソを作れるということで手軽で簡単、掃除なども楽というメリットがある一方でどんな豆でも使えるわけではないというデメリットがありますし、日本ではまだネスレしか出していないので問題が起きていませんが欧米では業者事に互換性の問題が発生しています。

 

そのほかのコーヒーメーカー

エスプレッソ方式とドリップ方式以外のコーヒーメーカーで根強い人気が有るのはサイフォン式のコーヒーメーカーでしょうか。
これはコーヒーサイフォンのアルコールランプが電熱線になったようなもので、コーヒーサイフォンの派生系の1つとして数えられます。
かつては家庭用に電熱線で加熱をするパーコレーターというのもあったのですが、現在はキャンプでの使用が主ですのであまり見かけることはありません。

ライン

いま市場でみられるコーヒーサイフォンの大半はドリップ式ですが、このドリップ式だけをみても、電動ミルつきから魔法瓶機能に紅茶対応など幅広い種類があります。
そこにエスプレッソやコーヒーサイフォンなども加わると把握しきれない程の商品があるので、もし購入するのであればしっかりと性能の確認を行って自分の生活にあったコーヒーメーカーを購入しましょう。

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る