おいしいコーヒーを探せサイフォン

サイフォン2カフェ

「おいしいコーヒー」といっても、豆の産地や種類、焙煎方法、淹れ方によって味もさまざま。

自分の「おいしい!」と思えるコーヒーを見つけるまでには、いろいろ飲み比べてみることが一番ですね。

コーヒーショップに行ってコーヒーを注文すると、お店によってコーヒーの淹れ方が異なることに気づきます。大きな機械を使っていたり、ポットからお湯を注いで少しづつ抽出していたり・・・。コーヒーの淹れ方にはいろいろな方法があり、それこそお店のこだわりを感じさせる第一のポイントでもありますね。今回は「サイフォン」についてです。

サイフォンコーヒーは、まるで化学実験でもやっているかのようにフラスコやアルコールランプを使って、コーヒーを抽出します。

並んでいる器具を見ているだけでも、マジックショーが始まるかのようなワクワク感がありますね。

まず、取っ手の付いた丸いフラスコに、沸騰したお湯を注ぎます。

次に、アルコールランプに火をつけて、下からフラスコを熱します。始めにフラスコも温めておき、そこへ沸騰したお湯を入れるというやり方がスマートな段取りです。ランプでお湯をわかすのを待っていたら時間がかかってしまいますからね。

アルコールランプの火は強すぎても弱すぎてもいけません。常に中火に保っているお店は、“器具のお手入れが行き届いている”というチェックポイントでもあります。

さぁ、新たな器具の登場です。

ロートという細長い管ついたガラス器具にコーヒーの粉を入れて、丸いフラスコに斜めに立てかけます。次第にお湯が熱されてポコッポコッと気泡が上がってきますよ。

そのタイミングでロートを垂直にし、丸いフラスコにフタをするようにしっかりと差します。するとさらにフラスコのお湯がどんどん沸騰して、水蒸気となってロートに上がってきます。

じわじわとコーヒーの粉に浸透し、粉がお湯に浮いた状態になってきたら、竹ヘラです!

竹ヘラは木製もあります。粉を傷つけず、滑らかに撹拌する大切なツールです。

始めは上から粉をお湯に落とすようになじませ、手早く撹拌していきます。粉をお湯の中で躍らせるイメージですね。そこでタイマーを1分。ピピッと鳴るタイミングは、フラスコのお湯が上がり終わる手前です。その時の横から見たロートの表面は、コーヒーと粉と泡の三層にきれいに分かれています。

そして火を止め、少し竹ヘラでなじませると、スーッと一気にコーヒーが下のフラスコに落ちてきます。最後に、勢いよくドッと泡が流れてくれば、抽出成功!のサインです。

すべての泡が下に落ちたら出来上がり。上をのロートをはずしてカップにコーヒーを注ぎます。

フラスコやロートはとても熱くなっていますので、触らないようにしましょうね。特にご自宅でチャレンジする場合は要注意です。

このように抽出方法がドラマチックなサイフォンコーヒー。待っている間も楽しめますね。

 

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る