おいしいコーヒーを探せエスプレッソ

エスプレッソかふぇ

エスプレッソは、コーヒー専用の高圧蒸気のイタリアで開発されたマシンを使用します。

シアトル系といわれるコーヒーチェーン店で、よく見かけるマシンですね。

この機械を使えれば誰でもできる?と安易に考えてしまうところですが、

実はバリスタの腕が最も試される方法ともいわれています。

手際のよい素早い作業が必要とされるコーヒーの抽出や、そのマシンの整備には熟練の技術と長年の経験が必要です。

コーヒーの豆の質、香り、味を見極めなど、日々の天候や湿度、気温をチェックし、焙煎された豆の性質に合わせてマシンの設定を調節しなくてはいけません。

なぜ、そこまで細かいことをチェックしなくてはならないでしょう?

エスプレッソは、豆を極細挽きに圧力をかけてコーヒーを淹れていきます。ですから毎日異なる天候や湿気などに合わせて、その気圧の数値の調節をすることが大変。

バリスタのセンスと経験がないとなかなか思った通りのコーヒーに仕上げることは難しく、淹れる人によって違いも大きく左右するのです。

ふわっとした口当たりは、“クレマ”という泡の層です。この出来栄えがなめらかなことが、エスプレッソのおいしさの決め手でもあります。

とても濃厚な味に仕上がるエスプレッソは、そのままデミタスカップで味わってもよいのですが、

ミルクなどを加えて、“カフェラテ”や“カプチーノ”などのアレンジを広げることも楽しみ。

エスプレッソマシンのスチームでは、ミルクに空気を取り込みふわりとしたフォームドミルクを作ることもできるのです。

ミルクの泡立て具合いで様々なアレンジもでき、この泡の上に絵を描いてもらえるラテアートは最近ではすっかり定着しましたね。

個性的なアートで集客が増えているカフェも多いので、いろいろなラテアートを訪ねてみるとそのレベルの高さに驚くことは間違いありません。

動物や似顔絵、メッセージなど、きれいに描いてくれるバリスタさんがあちこちにいますよ。

初心者でも「ハート」や「リーフ」などは、練習するとできるようになります。

温度の調節や手早い作業ができるようになるには、コーヒースクールなどに一度習いに行ってみるのもよいでしょう。

カフェラテとカプチーノは、泡に違いがあります。カプチーノの方がふわふわっとした泡を作ります。

カフェオレというのは、一般的にはドリップコーヒーにミルクを注いだものをいいますが、国や言語の解釈もさまざまなので、カフェラテとカフェオレが似ている場合もあります。海外旅行でコーヒーショップを回って比較してみると、また新たな発見があるかもしれませんね。

最近ではご家庭でもお手軽にできる小さなオシャレなタイプも販売されています。

大型電気店などではデモンストレーションをしている場合もあるので、まずは見学してみるだけでもおもしろいですよ。

 

人気の通信教育はこちら

未経験から目指す。コーヒーのスペシャリスト。
カフェ資格

カフェ・コーヒー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

カフェ珈琲資料 カフェコーヒー

本格的な紅茶を、楽しみながら学べる。
紅茶資格

紅茶・tea
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

紅茶資料 紅茶

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る