資格は必要?犬のブリーダーになるには

資格は必要?犬のブリーダーになるには

動物に関わる仕事は様々ですが、中でも人気が高いのはブリーダー。ブリーダーはペットの繁殖や交配、出産のお手伝いをする、ペット業界を下支えする仕事です。そのためブリーダーになりたいと考えている人も少なくないもの。では、実際にブリーダーになるためには、どのような方法があるのでしょうか。今回は犬のブリーダーになるための方法についてご紹介します。

ブリーダーになるための基本知識

それでは、実際にブリーダーになるためにはどのような方法があるのでしょうか。

必須資格はない

実はブリーダーになるためには、必ず必要な国家資格はありません。また、学歴や年齢なども問われることもないため、興味がある人にとっては誰でもチャレンジすることができる職業です。

しかし、実際にはまったく知識や経験の状態でブリーダーになるということはほとんどありません。

ブリーダーになるために多いのは、すでにブリーダーとして活躍している人の下でアシスタントなどとして経験を積む方法。この場合、ブリーダーとしての実務経験を積むことができるほか、現場でしか身につけられない実践的な知識を身につけることができる、ブリーダーに必要な人脈や金銭感覚を身につけることができるというメリットもあります。

ただし、ブリーダーの中には未経験者は受け入れないという場合もあり、その場合ブリーダーになるために専門学校に通う、自宅などで通信教育を受けるという方法もあります。

専門学校や通信教育の場合、ブリーダーに必要な専門知識を体系的に身につけることができるため、独学で学ぶよりも効率的だということができます。また、基礎的な知識を身につけておくと、現場で働き始めた場合、技術が早く身に付くといったメリットもあります。

それ以外にも、趣味の延長からブリーダーになるという方法もあります。たとえば、自宅で飼っているペットの交配や繁殖を通じて、知識を身につけながら子犬の売買を行い、資金を貯めて少しずつ規模を大きくしていくというやり方です。この場合、身の丈に合った規模でブリーディングを進められるというのが大きなメリットです。

企業に務める場合は、高卒以上の場合が多い

それ以外にも、ブリーディングを行う会社に就職、知識を身につける方法もあります。ただし、会社に就職する場合、多くは高卒以上の学歴が求められるため、注意が必要です。

ブリーダーに向いている人

では、どのような人がブリーダーに向いているのでしょうか。まず必要なのが動物に対する愛情と責任感。ブリーダーは命を扱う仕事であり、決して動物に対する愛情と責任を失うことはできません。動物、特に妊娠している親犬や生まれたばかりの子犬は人間よりもはるかに弱い存在です。そのため、小さい命を愛情と責任感を持って守ってあげなければいけません。また、忍耐力や体力も非常に重要です。動物の出産は長時間かかることが多く、その間は不眠不休で動物に付きっ切りでいなければいけません。そのほかの動物の世話も行わなければならないため、ブリーダーにとって体力は不可欠。

さらに、動物の世話には排せつ物の処理なども含まれています。ただ単に可愛いからというだけでなく、動物をひとつの命として向き合い真剣な姿勢が必要になります。

押さえたいポイント

ブリーダーには資格は必要ありません。しかし、実際にブリーダーになるためには、押さえておきたいポイントがあります。

自治体への届け出

ブリーダーとして自分で犬を交配、繁殖させるためには資格や免許は必要ありません。しかし、繁殖させて誕生した子犬を販売するためには、自治体への届け出が必要です。

この届け出は「動物取扱業」と呼ばれるもので、都道府県や政令指定都市に対して、動物を取り扱う業者であることを連絡するだけでなく、法律や条例に違反しないということを意味しています。

また、動物取扱業の登録を行うときには、動物取扱責任者の資格があることが求められます。この動物取扱責任者の資格を取得するには一定の条件があり、また定期的に資格を更新するための研修を受けることが必要です。

それ以外にも、実際に開業許可を得るときには、動物を飼育するための環境が整備させているかについての調査や、飼育環境が守られているかのチェックが行われるため、ブリーダーとして開業するときには、これらの項目を満たしているかどうか、しっかりと確認しておきましょう。

売買ルートの確保

ブリーダーの仕事は様々ですが、収入の多くは繁殖させた子犬を売買した収益です。そのため、開業する前には売買ルートをしっかりと確保しておくことが必要になります。

ブリーダーが子犬を販売する場合、取引相手の多くはペットショップになりますが、大手のペットショップの場合、フリーのブリーダーではなく、専属契約を交わしているブリーダーとしか取引しないということも少なくありません。専属になればある程度の収入は確保できますが、厳しい条件を課されることなどもあります。また、ペットショップの場合、取引価格は実際に販売させる価格の一割から二割程度となり、そこから人件費や光熱費、医療費などの経費を差し引いて、手元にどれだけの収入が残るかを考える必要もあります。

ペットショップ以外では、個人に対して子犬を販売することもあります。この場合、信頼できる飼い主に子犬を引き渡すことや、マージンがかからないといったメリットもありますが、個人の客を開拓するのは非常に難しいという欠点もあります。個人客を相手にする場合、中心となるのはネットショップですが、ネットでの動物の売買には様々な規制があるため、その点についてもしっかり下調べしておくことをおすすめします。

お抱えの動物病院があること

ブリーダーとして仕事をする上で、欠かせない存在が動物病院です。ワクチンの接種や健康管理、出産など、自分で獣医師の資格を持っている場合以外には、必ず動物病院のお世話になることになります。

そのため、近くに信頼できる動物病院を確保しておくことは必須の条件。特に出産となると、いつ獣医師の助けが必要になるか分からないため、往診の有無や時間外診療が可能かどうかなど、あらかじめ確かめておきましょう。

大規模なブリーディングを行う場合には、顧問などと言った形で獣医師と契約するという方法もあります。

将来を見据えて資格等を取ること

ブリーダーの仕事は高収入も可能になりますが、子犬が販売できなかったり、親犬が妊娠しなかったりすると収入がゼロになってしまうこともある不安定な仕事でもあります。

また、動物が繁殖可能な時期は非常に短く、高齢化した動物をどのように扱うかといった将来の問題についても考えておかなければいけません。

そのため、資格の取得を考えておくというのも一つの方法。すでに説明したように、ブリーダーになるためには特に資格は必要ではありませんが、民間団体の認定する資格の中には「愛玩動物飼養管理士」「ペット繁殖インストラクター」など、ブリーダーの知識を生かして取得できる資格もあります。

これらの資格は、自分の知識と経験を証明するものになるため、取得しておくと様々な収入につながる可能性もあります。

まとめ

ブリーダーは苦労も多い反面、喜びも多い仕事です。もし動物が好きで、ブリーダーになりたいと考えている方は、チャレンジするだけの価値はあると言えるでしょう。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

ブリーダーの資格が簡単に取得出来る通信講座。
ブリーダー

犬・猫ペットブリーダー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ブリーダー資料 ブリーダー

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ