仕事にもなる!家庭菜園やベランダ菜園の資格を取得するメリット

仕事にもなる!家庭菜園やベランダ菜園の資格を取得するメリット

自宅やベランダで好みの野菜を育てる家庭菜園やベランダ菜園。初心者でも美味しい野菜を収穫できるだけでなく、インテリアとしても楽しめることから大きな人気を集めています。実は家庭菜園やベランダ菜園に関しても資格があるのを込存じでしょうか。家庭菜園やベランダ菜園についての資格は意外なメリットも多いもの。今回は家庭菜園やベランダ菜園の資格を取得するメリットについてご紹介します。

家庭菜園、ベランダ菜園の魅力

近頃女性に大人気の家庭菜園やベランダ菜園。ではなぜこれほど高い人気を集めているのでしょうか。

小さなプランターでマンションでも手軽に始めることができる

家庭菜園やベランダ菜園の魅力のひとつが、小さなプランターやマンションのベランダでも手軽に始めることができるという点です。

自分で野菜を育ててみたいという人は実は少なくありませんが、レンタルで農園を借りるのはちょっとハードルが高いもの。

レンタル農園は倍率も高く、住んでいる場所から離れている場合には、定期的に通わなければならないため、ちょっと面倒になってしまうことも。

さらに大きな畑を借りてしまうと、雑草や病害虫の対策だけでも非常に大変で、趣味で始めたつもりが生活の負担になってしまうということも珍しくありません。

しかし、マンションのベランダで始めるプランター栽培なら、世話をする手間も最小限で済みます。

また、道具や土なども手軽にそろえることができるため、野菜や植物を育ててみたいけれど、大変のことはしたくないという方にもぴったりです。

植物を育てる喜びを味わえる

どのような人でも、何かを育てるというのは楽しいもの。特に植物の場合、きちんと手をかけて育てれば、それにこたえて成長し、実などを味わって楽しむことができます。

もちろん育てている過程ではなかなか上手く行かないということも少なくありませんが、そういった苦労があれば、植物が成長して大きくなったときに感じる喜びもひとしおです。

自分で作った無農薬の野菜を食べることができる

お子さんがいるご家庭の場合、子どもに食べさせるものには注意しているという方も多いはず。中でも怖いのが野菜に使われている農薬。野菜はたくさん食べさせたいけれど、どんな農薬が使われているのか分からないため、不安になることも少なくありません。

そのため、できるだけ野菜はオーガニックな無農薬にこだわっているという方もいますが、普通のスーパーではなかなかそういった野菜を手に入れることも難しいものです。

しかし、最初から自分で育てている家庭菜園の野菜であれば、どのようなものを使って育ったのかが一目瞭然。もし農薬や殺虫剤を使う場合でも、食物に由来したものを選べば、農薬への不安を感じることも少なくなります。

採りたての新鮮な野菜を食べられる

野菜はなんといってもとれたてが一番おいしいものです。しかし、都会に住んでいるとなかなかとれたての野菜を味わうのも難しいもの。どれだけ新鮮なものであっても、産地からスーパーまで運ばれてくる間に、どうしても鮮度が低下、水分はもちろん、ビタミンやミネラルの量も少なくなってしまいます。

しかしベランダ菜園の場合、本当に採りたての新鮮な野菜を楽しむことができます。なんといっても、ベランダからキッチンまではごく近く。食べる直前に野菜を収穫すると、水分や栄養が失われることもほとんどありません。

買うより作ったほうが安く食費の節約になることも

できるだけ野菜を食卓に並べたいと思っても。天候や季節によっては価格が高騰してしまうことも。特に最近は天候も不安定になったため、野菜の価格が上昇することも決して珍しくありません。

そんなときにもベランダ菜園は役立ちます。というのも、野菜の種類や季節によっては、買うよりも作ったほうが安上がりで、結果として食費の節約になることも。

もちろん、ベランダ菜園にも土やプランター、肥料など必要なものは少なくありません。しかし道具類は一度買い揃えれば何度でも使えるもので、土などもきちんとケアを行うことで、様々な作物に再利用することができます。

特に季節の野菜などは驚くほどたくさん収穫できることも。冷凍したり干し野菜にしたりと、保存方法を工夫すると、野菜に困ることもなくなるかもしれません。

子供と一緒に取り組めば、子供の学びにつながる

最近ベランダ菜園が注目されている大きな理由のひとつが食育です。都会で生活している子どもにとっては、野菜が実っているところを見る機会も少ないもの。普段自分が食べている野菜がどのように出来ているかを知ることは重要な食育となります。

また、種や苗から育てた野菜が実り、それが調理されて食卓に上る家庭をすべて見ることも非常に貴重な体験になります。

特に好き嫌いの多い子どもや、野菜の苦手な子どもでも、自分が育てた野菜であれば、案外美味しく食べてくれるもの。

もし家族で食育に取り組みたい、食べ物の大切さを教えたいという場合、子どもと楽しむベランダ菜園はおすすめです。

生活の中に緑が取り入れられ、眺めるだけで癒しになる

生活のうるおいとなる緑は、眺めているだけでも心が癒されるものです。ベランダ菜園は様々な種類を育てることで、一年中あざやかな緑でベランダを一杯にすることができます。

また、野菜やフルーツが実る季節になれば、緑だけでなくベランダがにぎやかになるもの。

仕事や家事などでたまったストレスも、ベランダ菜園で解消することができるかもしれません。

家庭菜園やベランダ菜園の資格を取得するメリット

家庭菜園やベランダ菜園というと、本で学んだことや独学が中心。もちろん、資格がないと野菜を育てられないというわけではありませんが、資格を取得しておくと様々なメリットが生まれます。

基礎から学べ初心者でも挑戦できる

家庭菜園やベランダ菜園に関する資格を取得する大きなメリットは、野菜や植物を栽培する基礎が学べるということ。

野菜や植物を育てるときには、種から育てる場合には発芽させる方法を知ることが必要。苗を購入するときにも、どのような苗がよいのか見極めなければいけません。

また、適切なサイズのプランターを選んだり、野菜や植物の種類に合った土を作るなど、知らなければならないことは多いもの。

もし資格取得に挑戦すると、試験のための勉強を通じて、ベランダ菜園の基礎的な知識を身につけることができます。そのため、これからベランダ菜園を始めたい、ベランダ菜園でたくさん野菜を収穫したいという方にとっては資格の取得が近道になります。

自己流で失敗した理由がわかる

初心者がベランダ菜園で野菜や植物を栽培すると、どうしても失敗することが多いもの。野菜が実をつけない、収穫量が少ない、病気や害虫によって株が枯れてしまうなど、ベランダ菜園の失敗には様々な種類があります。

本来ならそれらのトラブルが起きるために適切な予防や処置を行う必要がありますが、なにが原因か分からないということも多く、結局は同じ失敗を繰り返してしまうことにもなりかねません。

しかし、きちんとした知識や技術を身につけると、失敗した理由を理解することができ、結果として同じ失敗を繰り返すことがなくなります。

限られたスペースで菜園を楽しむコツがわかる

ベランダでプランター栽培を行う場合、どうしてもスペースに限りがあるもの。日当たりや風通しはもちろん、排水やプランターを置く場所にも注意する必要があります。

ただし、スペースが限られているのは悪いことばかりではありません。スペースが小さければ、世話をする手間も少なくなり、ひとつの野菜や植物に目が行き届き、しっかりと世話をすることができます。

また、プランターを移動させて、日当たりや雨に当たる量をコントロールできるのもプランター栽培のメリット。

このように、プランターにはプランターの楽しみがあるもの。資格取得を通じて知識を身につけることは、限られたスペースで菜園を楽しみコツを知ることにつながります。

自宅やカルチャースクールで講師として活躍できる

家庭菜園やベランダ菜園は自分だけで楽しむものと思ってはいませんか?もし資格取得を通じて専門的な知識と技術を身につけると、それを活かして自宅やカルチャースクールで講師として活躍することができます。

現在、ベランダ菜園は人気を集めているため、知識を教えてくれる講師へのニーズも高まっています。雑誌やテレビなどのメディアに取り上げられれば、仕事として新しいキャリアにつなげることも可能です。

家庭菜園インストラクターとは

└資格概要

「家庭菜園インストラクター」とは、日本インストラクター技術協会が主催している民間資格です。家庭菜園インストラクターは野菜や植物などの種類や特徴を理解するとともに、それぞれに適した育て方や、土の成分、水のあたえ方、さらに虫や雑草といった植物や野菜に害を与える存在についてどう対処すればよいかといった基本的な知識を身につけた人に与えられる資格です。

行ってみれば家庭菜園インストラクターは、家庭菜園のプロフェッショナルともいえるもの。

家庭菜園というと、本やネットなどで知識を身につけて行うものですが、どうしても独学が中心。さらに家庭の庭とプランターでは、育て方も異なります。

家庭菜園インストラクターの資格を取得することで、家庭菜園をより一層充実させるとともに、これから家庭菜園を始めたいという人にアドバイスを行うこともできます。

└資格試験概要

 └受験資格

家庭菜園インストクターの資格を受験するための資格は特にありません。

 └受験料

10000円

 └受験申請

インターネットから可能です。

 └受験方法

在宅での受験が可能です。

 └合格基準

70パーセント以上の評価で資格の認定が行われます。

ベランダ菜園アドバイザーとは

└資格概要

ベランダ菜園アドバイザーは、日本生活環境支援協会が主催する民間資格です。ベランダ菜園アドバイザーという資格の名前が示すように、ベランダで野菜や植物を育てるベランダ菜園に特化した資格。

ベランダ菜園を行うときは、畑とは異なりプランターや鉢を使うことが必要。そのため、野菜や植物の育て方も通常の畑とは異なります。

また、ベランダはスペースに限りがあり、日当たりや水はけ、風通しなどにも様々な制限があります。

そういった環境の中で、野菜や植物を育てるための基本的な技術や知識、育てる上でのポイントなどを学ぶことで、ベランダ菜園のスペシャリストを目指せる資格です。

└資格試験概要

家庭菜園インストクターの資格を受験するための資格は特にありません。

 └受験料

10000円

 └受験申請

インターネットから可能です。

 └受験方法

在宅での受験が可能です。

 └合格基準

70パーセント以上の評価で資格の認定が行われます。

まとめ

家庭菜園やベランダ菜園と資格というと、ちょっと意外な組み合わせだと感じる方も多いかもしれませんが、実はこれらの資格を取得すると様々なメリットがあります。もっとベランダ菜園を楽しみたい、他の人とも野菜や植物を育てる楽しみを共有したいという方は、ぜひ資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ