アロマオイルを活用して生ゴミ用ゴミ箱のにおいを防ぐ方法

アロマ

生ゴミ専用のゴミ箱は、すぐににおいが発生しやすいものです。夏場は特ににおいが気になってしまうでしょう。できるだけ生ゴミ専用のゴミ箱のにおいを抑えるためには、どんな対策を講じることができるでしょうか。

まず、ゴミ箱そのものの汚れを綺麗にしておくことが必須条件です。最低でも1ヶ月に1回はゴミ箱を綺麗に水洗いし、天日に干してしっかり乾かすことを習慣にしてください。大きかったりすると面倒なものですが、ここを怠るとどんなに対策を講じても意味がないので、ぜひ心がけましょう。

生ゴミの悪臭の最大の原因は、生ゴミから流れ出る水分です。ゴミ箱に捨てる前に、生ゴミの水気をしっかり切っておくことや、ビニール袋の上からさらに広告紙や新聞紙で包んでから捨てることも重要なポイントです。

におい対策に、天然成分のアロマオイルを活用する方法をご紹介します。新聞紙をゴミ箱の底の大きさに合わせて折りたたみ、アロマオイルを5滴ほどたらすだけでOKです。

お好みの香りのアロマオイルで良いのですが、おすすめはローズマリーなどのハーブ系、サイプレスなどのウッド系のアロマオイルがスッキリした香りなので、ゴミ箱のにおい対策に向いていると思います。

新聞紙を使うことで、ゴミ袋から流れ出てしまった生ゴミの水分を吸収することができますので、袋を直接ゴミ箱に入れたときよりも悪臭が発生しにくくなります。

アロマオイルの香り効果が薄れてきたり、新聞紙が湿ってきたりしたら交換するタイミングです。1週間に1回程度交換すると良いでしょう。使い終わった新聞紙は燃えるゴミとして一緒に捨てることができます。

悪臭が出ないうちにこまめにゴミ出しをすることもポイントです。でも、私が住んでいる地域もそうなのですが、自治体の燃えるゴミの回収日が週2回程度しかない場合もあります。

そんなときにこの方法を使うことで、完全にではないもののある程度悪臭を抑えることができました。自分の好きな香りのオイルを使うと、気分も上がります。簡単なのでぜひ試してみてください。

人気の通信教育はこちら

アロマセラピーアロマテラピーの資格が取れる!!
アロマセラピー資格

アロマセラピー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

アロマセラピー資料 アロマセラピー

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ資格

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る