無水エタノールは手作りアロマに色々使える

アロマテラピーで必ず必要なモノは、精油(エッセンシャルオイル)です。それから、無水エタノールがあれば、手作りできるものが増えます。化粧水から除菌ジェルまで、活躍すること間違いなしです。無水エタノールを使ってアロマの手作りをはじめてみませんか。

無水エタノールとは

水をほとんど含まないエタノールで、99.5vol%以上の濃度のものが無水エタノールです。一般的に消毒に使用されるエタノールは濃度80%程度のもので、これが最も消毒効果が高いそうです。

では、この無水エタノールを希釈して、手作りをしてみましょう。

除菌消臭スプレー

精油、精製水、無水エタノールで消臭スプレーが出来ます。キッチンの消臭や、リネン類の除菌など、用途に合わせて配合を変えて下さい。

除菌ジェル

精油、精製水、無水エタノール、グリセリン、キサンタンガムで除菌ジェルが出来ます。除菌ジェルはどんどん使うものなので、買ってもすぐに無くなってしまいますね。ですが、手作り出来ればそれほど減りを気にせずに使えますし、何より自分の好みの香りに出来ます。

手作り化粧水

精油、精製水、無水エタノールで化粧水が出来ます。これはかなりさっぱりしているので、しっとりした方が良い方は、無水エタノールの代わりにグリセリンを加えます。または無水エタノールとグリセリンを両方加える方法もあります。この割合は、好みによります。なぜ無水エタノールやグリセリンを化粧水に加えるのかというと、精油と水は、そのままでは混ざらないからです。当然、しっとりさせたりさっぱりさせる効果もあるのですが、精油と水を中継する役割でもあるのです。

最近の化粧水は「かなりしっとり」などこっくりしたテクスチャーのものが多くあります。また、オールインワンタイプの、ジェル状のものもありますね。これらは付けたらすぐお肌がしっとりしますので、時短コスメになり便利ですが、お肌をしっとりモチモチにさせたいのであれば、さっぱりした(スプレーできるくらいの)ものを何度もお肌になじませて、落ち着かせてから、乳液などの次のお手入れに移るのがオススメです。1週間ほど続ければ、肌が違ってきます。高い化粧水を少し使うよりは、手作りした化粧水をたっぷり贅沢に使うのがオススメです。

無水エタノールやグリセリンの割合を使いながら少しづつ変えて、自分に合うレシピを考えてみて下さい。

オススメの精油

消臭や除菌にオススメのものを挙げてみます。

ペパーミント、レモン、ティートリー、ユーカリ

以上のように、スッキリした香りのものが向いています。

化粧水は、肌質にもよりますが、

ラベンダー、ローズマリー、ローズオットー、カモミール・ローマン、ネロリ、ゼラニウム

以上のようなものが、スキンケア効果があります。

手作りのものは当然、防腐剤など入っておらず長持ちするようには出来ていませんので、2週間程度で使い切るようにして下さい。色々な精油を楽しむためにも、少量ずつ作るのが良いですね。

取り扱いには注意して

いかがですか?いつも買っているお馴染みのものも、アロマで手作りできるんです。無水エタノールは希釈すれば色々と使えるので、ぜひ、あなたのアロマテラピーに取り入れてみて下さいね。

人気の通信教育はこちら

アロマセラピーアロマテラピーの資格が取れる!!
アロマセラピー資格

アロマセラピー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

アロマセラピー資料 アロマセラピー

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ資格

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る