火を使わないでアロマを楽しむ

アロマと美快眠

アロマテラピーを楽しむ方法は色々あります。アロマキャンドルやアロマポットを使うなど、火を使うイメージもありますが、火を使わないで楽しむ方法もたくさんありますので、ご紹介します。小さいお子様やペットのいる家庭では火を使えないですし、就寝時にアロマテラピーを楽しみたい方や、ご高齢の方が行う場合も、火を使わない方法が安心ですね。

火を使わずに芳香浴を楽しむ

アロマポット(キャンドルの火を焚いて、精油(エッセンシャルオイル)を温めるもの)を使用して芳香浴をしたり、アロマキャンドルを焚いたりして芳香浴を楽しみます。炎のゆらぎが、私たちの心を静めて、落ち着かせる効果があるのでしょう。炎をながめるのは心地よいですが、より安全に芳香浴を楽しむ方法もあります。

・電気式芳香拡散器(アロマライトなど)を使う

・アロマディフューザーを使う

・マグカップにお湯を張り、精油を浮かべる

アロマポットは100均にも売られており、安価なため取り入れやすいのですが、安全面を重視するならアロマライトなどを使用するのがいいでしょう。

火を使うことのメリット

・炎を見てリラックスできる

・安価(電気代がかからない、アロマポットが安価)

・アロマポットの種類が豊富

火を使うことのデメリット

・火事の危険性がある

・就寝時は使えない

・空だきになる危険性がある

・子供やペットなどがさわらないよう、置く場所を選ぶ

精油が熱で変質してしまう?

精油はデリケートで、熱により変質してしまいます。ですから精油ビンは、冷暗所に保管するのがいいのです。そんなデリケートな精油に対して、アロマポットやアロマランプは熱を加えて拡散しています。その方法では、本来の精油成分が変質してしまっているかもしれません。その点、アロマディフューザーなら、常温で拡散していますので変質の心配がありませんね。

アロマランプを使う

アロマランプは電気式なので、火を使わない手軽さがあります。さらに、精油を直接垂らして拡散させるので、手間いらずですね。アロマポットは水を張ってからオイルを垂らすので、水が無くなることに注意しなければなりません。

小さいお子様やペットなど、精油を直接触らないよう注意する必要はありますが、アロマポットと比べて、その安全性と手軽さはアロマランプが上ではないでしょうか。

ライフスタイルによって使い分ける

以上のメリット・デメリットを踏まえて、それでもアロマテラピーで火を使う方が良い、アロマライトが良い、など好みで選んでみて下さい。

自分ひとりの時は気軽にいつでもできたアロマテラピー。ライフステージが変わり家族が増えてくると、色々と障害が出てきます。一番は、赤ちゃんが生まれた時です。赤ちゃんがいると芳香浴にも気を遣うし、お風呂にも精油を入れられません。また、少し大きくなって行動範囲が広がると、アロマポットを触るし、精油ビンの保管場所も気を付けなければいけなくなります。

ですが、楽しみも広がります。赤ちゃん用の虫よけスプレーを手作りしたり、精油は使えませんがキャリアオイルを使ってベビーマッサージをしたり。もっと大きくなれば、アロマの湿布で筋肉痛をケアしたり、頭痛に芳香浴を取り入れたりと、アロマテラピーが活躍する場面が登場するのです!そして、子供が「良い香りだった」なんてひとこと言えば、アロマテラピーやってて良かった!と嬉しくなっちゃいますね~。

人気の通信教育はこちら

アロマセラピーアロマテラピーの資格が取れる!!
アロマセラピー資格

アロマセラピー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

アロマセラピー資料 アロマセラピー

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ資格

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る