更年期のイライラや不調を、アロマテラピーで改善

加齢によって月経が無くなることを閉経といい、閉経前後の期間を更年期といいます。日本人女性の平均的な閉経の年齢は50歳ですので、この場合、45~55歳の10年間が更年期です。そして更年期の時期に起こった不定愁訴が更年期障害です。

 

■更年期障害の原因

更年期障害の原因は、閉経によって卵巣の機能が急速に衰えることによるものです。通常、月経がある場合は、エストロゲンは、月経が終わるころに卵胞刺激ホルモンが増加し、その刺激により卵巣内の卵胞を発達させ、卵胞が大きくなるとエストロゲンの分泌量が増加します。しかし、卵巣の機能が衰えると、卵胞刺激ホルモンが卵胞を発達させるように刺激しても、卵巣の機能が衰えているため卵胞が大きくなりません。その結果、卵胞刺激ホルモンは増加するにもかかわらずエストロゲンは減少し、ホルモンバランスの乱れが起こります。これが更年期障害の原因です。

 

・更年期障害の代表的な症状

ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり)、大量発汗、動悸、イライラ、不安、不眠、めまい、吐き気、耳鳴り 冷え症 うつ 頭痛 記憶力低下 肩こり 腰痛 食欲不振 下痢 便秘 悪心

更年期障害の症状は、個人差があります。

 

■エストロゲン減少による更年期障害以外の理由

更年期になると、「骨がスカスカになる」「太る」「老ける」とよく言われますが、それはこのような理由からです。

・骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

エストロゲンは古い骨を溶かす細胞(破骨細胞)を減らして骨密度を保つ働きがあります。また、骨を作るのに重要なビタミンDを体内に取り込みやすくする働きがあります。エストロゲン減少すると、破骨細胞が増え、骨密度が下がり、骨粗鬆症になります。

 

・肥満

悪玉コレステロールを肝臓解毒する働きがエストロゲンにはあります。エストロゲンが減少すると、悪玉コレステロールが増加し肥満につながります。

 

・肌のたるみ

エストロゲンは別名「女性を作るホルモン」とも呼ばれ、女性らしさ・若々しさを保つ働きをしています。エストロゲンが減少すると、体内の水分保持力が低下し、皮膚の弾力性が失われ、肌がたるんだり、シワができたりします。

 

■更年期障害には、『エストロゲン様作用』がある精油を

エストロゲン様作用とは、一部の精油に含まれる成分で、エストロゲンと構造が似ているためにエストロゲンが分泌された時と似たような働きを起こすことができるといわれています。この成分が含まれた精油を使うと、更年期障害の不定愁訴から解放されイライラの減少が期待できます。

 

・エストロゲン作用が期待できる精油 

クラリセージ サイプレス アニス セージ フェンネル

 

■アロマオイルトリートメントが効果的

ホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどのキャリアオイルに精油を入れたアロマオイルを作って、お腹周りをやさしくマッサージしてみましょう。精油の有効成分が身体に働きかけ、手の暖かみと触られることによる癒し効果でリラックスしてイライラした気持ちを穏やかにしてくれます。

 

更年期障害のイライラは、エストロゲンの減少によるホルモンバランスの崩れに加えて、ライフステージにおける急激な変化がある年代であることも原因の一つです。来たる更年期に備えて、食生活やライフスタイルを見直すことも大事です。また、更年期障害のイライラのもう一つの原因として、他人に理解してもらえないという気持ちもあります。周りの方々の理解やサポートも、イライラを解消する秘訣です。

 

人気の通信教育はこちら

アロマセラピーアロマテラピーの資格が取れる!!
アロマセラピー資格

アロマセラピー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

アロマセラピー資料 アロマセラピー

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ資格

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る