アロマブレンドでオリジナルの精油を調合してみよう

通信教育・通信講座の諒設計アーキテクトラーニング

アロマテラピーでは精油(エッセンシャルオイル)を使いますが、1つひとつの香りを楽しむ他に、調合(ブレンド)するという楽しみ方があります。そうは言っても、

・ブレンドのやり方が分からない

・良い香りにならないのではないか

・レシピ通りにしか作ったことがない

という方は多いのではないでしょうか。ここでは、ブレンドの方法やブレンドすることの効果についてまとめてみました。

なぜブレンドするの?

ブレンドの最大の魅力は、自分だけのオリジナルの香りが出来ることでしょう。世界にひとつだけの自分の香りを持つなんて、ステキですね。それから、複数の精油の効能を組み合わせることによって、効果を倍増、またはそれ以上の効果を発揮する場合があります。アロマテラピーが多くの人の心を捉えて離さないのは、無限の広がりをもっているからではないでしょうか。

ブレンドの注意点

1、精油には、相性があります。良い香り同士でも、ケンカしてしまうこともあるのです。香りには7種類のタイプがあります。

・ハーブ系(ペパーミント、バジル、ローズマリー、スイートマージョラムなど)

・樹木系(ティートリー、ジュニパーベリー、ローズウッドなど)

・スパイス系(ブラックペッパー、ジンジャー、コリアンダーなど)

・樹脂系(ミルラ、ベンゾイン、フランキンセンスなど)

・オリエンタル系(サンダルウッド・インド、イランイラン、パチュリなど)

・フローラル系(ラベンダー、ジャスミン、ローズオットー、ゼラニウムなど)

・柑橘系(オレンジ・スイート、ベルガモット、グレープフルーツ、レモンなど)

それぞれ、隣同士のものをブレンドすると相性が良いとされています。ハーブ系と柑橘系も隣同士です。

2、精油のノートにも注目しましょう。ノートとは、精油が揮発する速さを分類したものです。

・トップノート 最初に香りが立ちます(レモン、ベルガモット、ペパーミント、ユーカリなど)

・ミドルノート トップとベースの中間の揮発速度です(ゼラニウム、カモミール・ジャーマン、ラベンダーなど)

・ベースノート ゆっくり揮発し、香りが持続します(パチュリ、ベンゾイン、サンダルウッド・インドなど)

これらを、3:2:1(トップ:ミドル:ベース)にするのがバランスが良いとされていますが、香りの好みや、強い香りを使う時など、適宜割合を変えて下さい。

ブレンドしてみましょう

3:2:1と書きましたが、まずはカンタンな2種類のブレンドをしてみましょう。まず、ミドルノートの中から欲しい効用の精油を選び、次にトップとベースのどちらかの精油を選びます。今回は、イライラした気持ちを落ち着かせるものにしてみます。

まず、ミドルの中からリラックス効果のあるラベンダーを選びます。それから、深いリラックスに導くサンダルウッド・インドを選びます。滴数は、1滴ずつにしてみます。

ビーカーに揮発の遅いものから入れます。サンダルウッド・インド→ラベンダーの順です。

かくはん棒でかき混ぜ、香りを嗅いでみます。良い香りでしたら、これを芳香浴やバスオイルにしたりと、楽しんでみて下さい。

コツを覚えてオリジナルの香りを楽しむ

いかがでしたか?アロマレシピはたくさんの情報がありますが、ブレンドのコツを覚えておけば、自分ですぐに作ることが出来ます。精油が2つあれば、ブレンドに挑戦してみて下さいね。

通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ
資格・検定の一覧

人気の通信教育はこちら

アロマセラピーアロマテラピーの資格が取れる!!
アロマセラピー資格

アロマセラピー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

アロマセラピー資料 アロマセラピー

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ資格

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
通信教育講座の諒設計アーキテクトラーニングTopへ