アロマトリートメントで便秘とガスをスッキリさせる方法

便秘になると、お腹が張ります。これは、腸内で便から発生したガスが溜まっている状態です。ガスが増えすぎると、他の臓器を圧迫して腹痛を起こしたり、腸内の神経や血管を圧迫して腸の機能を低下させたり、腸内環境を悪化させたりします。アロマトリートメントを行うと、便秘が解消してお腹がスッキリしますので、ぜひ試してみてください。

 

■アロマトリートメントって?メリットは?

アロマトリートメントとは、精油を植物油で希釈して身体をマッサージすることです。精油はそのままでは刺激が強いものがあるため、ホホバ油やスイートアーモンド油などの植物油を混ぜて、薄めて使います。濃度は大人が身体に使う場合は1%、顔に使う場合は0.5%が適切です。ちなみに精油1滴は0.05mlです。植物油10mlに2滴で1%と覚えておくと、アロマトリートメントオイルを作るときに計算がしやすくなり便利です。

 

アロマトリートメントをすると、鼻から入った香りの成分が脳の大脳辺縁系に伝わり、免疫系・神経系・内分泌系に影響を与えます。また、皮膚に塗ることによって肌を引き締め、殺菌して健康に保つ他、血流と共に身体をめぐり全身へ働きかけます。手で触れることによる安心感や血行を良くするという効果も。マッサージの強さは、赤ちゃんの頭をなでるくらいがいいでしょう。やさしくゆっくりと心身をケアします。そう、アロマトリートメントは、心地よい刺激をもたらし身体をリラックスさせることもできるんです。

 

ただしアロマトリートメントは、あくまでもリラックスさせるもので治療ではありません。体調不良の場合は行わないほうがいいでしょう。また、食事の後や飲酒しているとき・とても疲れているときなども避けましょう。

 

■便秘解消にピッタリの精油は、『ジンジャー』

ジンジャー(生姜)は、食べると血行や消化を促進する効果があり薬味としても良く使われます。ジンジャーは精油にもなっていて、香りは爽やかでスパイシー。刺激も穏やかで安心して使える精油の一つです。しかも、こんな作用があるんです。

 

1.駆風作用(くふうさよう)

腸に溜まったガスを排出させる作用。

2.緩下作用(かんげさよう)

お腹がゆるくなる作用。

3.蠕動運動促進作用(ぜんどううんどうそくしんさよう)

腸の蠕動運動を促進させる作用。

 

便秘とガスの解消にピッタリですね。

 

 

■便秘とガス解消アロマトリートメントのコツ!

ジンジャー精油で必要量のアロマトリートメントオイルを作ったら、お腹に塗っておへそを中心に、右手で優しくゆっくりと『の』の字を書くようにマッサージします。

呼吸は腹式呼吸で行いましょう。姿勢は仰向けに寝て、膝を立てた姿勢がお腹に力が入らずリラックスできて良いでしょう。時間は朝の起床後が、腸が動きやすい時間でおすすめです。部屋は寒さを感じないくらいの温度がいいですよ。

しばらく続けていると、お腹が少しずつやわらかくなるのを感じることができます。

 

便秘やお腹のガスを薬に頼って強制的に出していると、いつのまにか身体が慣れてきてしまってたくさん薬を飲まなければならなくなることも…。アロマトリートメントで自分の身体をやさ

人気の通信教育はこちら

アロマセラピーアロマテラピーの資格が取れる!!
アロマセラピー資格

アロマセラピー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

アロマセラピー資料 アロマセラピー

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ資格

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る