アロマテラピー界の女王 ローズ精油の効果

精油の女王と言われて真っ先に思い浮かぶのは、やはりローズです。華やかで甘く気高い香りは、人々の、特に女性の心に強く働きかけます。そんなローズ精油には2種類の抽出方法があります。同じ植物、例えばダマスクローズ(学名:Rosa damascena)であっても、抽出方法が違うと特徴が変わり、使い方も変わります。呼び方もローズアブソリュート・ローズオットーと区別されています。

 

では抽出方法が違うとどのように特徴が変わるのか、そしてローズにはどのような効果があるのかをご説明します。

 

■ローズアブソリュート

ローズアブソリュートは、以前は冷浸法(アンフルラージュ)で作られていましたが、現在は揮発性有機溶剤抽出法で作られます。ほとんどの植物は水蒸気蒸留法で作られますが、ローズは香りの成分が入っている油胞が小さく、花びらが繊細で熱に弱いことから、熱を加えない方法で主に作られています。揮発性有機溶剤抽出法で作られると、最終的に『アブソリュート』が残り、これが精油になります。精油の色は赤褐色で香りは濃厚で持続性に優れています。また、熱を加えていないために本来のローズそのままの香りがします。

 

ただし、揮発性有機溶剤抽出法で作られた精油は溶剤の残留があるために、念のためにお肌への使用は避けたほうが良いと言われており、肌に付けない方法で使われます。

 

■ローズオットー

ローズオットーは、水蒸気蒸留法で抽出されます。油法が小さく、また花びらが繊細で熱に弱いローズオットーを敢えて水蒸気蒸留法で作るため、ローズアブソリュートより高価です。ローズオットーには主に脂肪族の炭化水素類が含まれるため、13度以下で固まるという性質があります。ローズの精油には偽物が数多く存在しますが、この性質を利用して本物かどうかを冷やして確かめることができます。ローズオットーの精油はほぼ無色で刺激が少ないため肌への使用が可能で、スキンケアに使われます。皮膚を引き締め、弾力を回復させるためアンチエイジングケアに最適です。

 

■香りの効果

ローズアブソリュートとローズオットーの香りは異なりますが、どちらも心を安定させ、気持ちを高揚させ自信をつけ幸福感を与えてくれます。特に女性には素晴らしい効果が期待できる香りです。ただし香りが少量でも濃厚なため、香らせすぎには注意しましょう。

 

■まとめ

・ローズアブソリュートは揮発性有機溶剤抽出法で作られ、赤褐色で芳香浴に適しています。

・ローズオットーは水蒸気蒸留法で作られ、13度以下で固まります。ほぼ無色でアンチエイジングケアに適しています。

・どちらも生産量が少なく高価ですが、女性には素晴らしい効果が期待できる香りです。

 

ローズはその魅惑的な香りから何世紀もの間、人々に支持され続けています。歴史を紐解くと、クレオパトラや皇帝ネロのような、精神的に強そうに見える人々も、ローズの香りを愛していました。もしかすると、不安な時や、気分が落ち込んだとき、自分に自信が持てないときにはローズの香りによって自分の気持ちをケアした結果、魅力的で強く居続けられることができたのかもいたのかもしれませんね。『精油の女王』ローズの効果、あなたも実感

人気の通信教育はこちら

アロマセラピーアロマテラピーの資格が取れる!!
アロマセラピー資格

アロマセラピー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

アロマセラピー資料 アロマセラピー

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ資格

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る