アロマテラピーで使うエッセンシャルオイル(精油)の製造方法

リラックスしたい時や、疲れたときに心を癒してくれるエッセンシャルオイル。アロマテラピーで使用するエッセンシャルオイルは、植物から天然の香りの有効成分を取り出したものです。エッセンシャルオイルの作り方は主に3種類です。

 

■水蒸気蒸留法

植物の花や葉や枝などを、蒸留窯に入れて水蒸気を通して加熱し、植物に含まれている香りの成分を蒸気と一緒に取り出した後、冷やして液化し水と香りの成分を分離してエッセンシャルオイルを取る方法です。この時に分離した水は、微量に香りの成分を含み、芳香蒸留水、フローラルウォーター、ハーブウォーター、ハイドロゾルとも言われ、香りの良さや穏やかな使い心地から近年人気があります。多くのエッセンシャルオイルが水蒸気蒸留法で製造されています。

 

■圧搾法

主に柑橘系の果皮からエッセンシャルオイルを取る際に使われる製造方法です。

果皮は目で見えるほどに油胞(エッセンシャルオイルが入っている部分)が大きいため、絞ってエッセンシャルオイルを取ることができます。また、熱に弱いため水蒸気蒸留法には適していないのも、圧搾法で作る理由の一つです。製造方法は果皮を圧搾して香りの成分を抽出する方法で、もっとも原始的な方法とも言えます。昔は手作業で果実をつぶしてスポンジで集めていましたが、現在はローラーでつぶして遠心法で分離して製造しています。熱を加えないために、自然のままの香りを楽しむことができるのが一番の特徴です。ただし、製造過程で不純物が入ることがあるため、他の製造方法で作ったエッセンシャルオイルに比べて成分の劣化が早いという欠点があります。そのため、圧搾法で取られた柑橘系のエッセンシャルオイルは開封後半年以内が使用期限となっています(他の製造方法の精油は1年です)。

 

■溶剤抽出法

植物の中の香りの成分を、揮発性有機溶剤を使って取り出す方法です。溶剤が残留する可能性があるため、アロマテラピーで使う際には注意が必要で、この方法で作られたエッセンシャルオイルは、皮膚に塗布せず、通常、芳香浴で使われます。製造方法は、まず揮発性有機溶剤に植物を入れて、香りの成分を溶かし出した後に植物と揮発性有機溶剤を取り除きます。すると、半固体状『コンクリート』と呼ばれる物質が残ります。そこから香りの成分のみをエチルアルコールを使って取り出します。この方法で取った香りの成分を『アブソリュート』と呼びます(樹脂から取り出したものはレジノイド)。溶剤抽出法で取られるのは、油胞が小さくエッセンシャルオイルを取ることが難しい植物で、さらに香りが繊細なために水蒸気蒸留法で熱を加えると香りが変質してしまうもので、ジャスミン、ベンゾイン、ローズアブソリュートなどです。揮発性有機溶剤抽出法で作られるエッセンシャルオイルは、作る手間がかかり価格が高い傾向にあります。

 

 

エッセンシャルオイルを作る方法は、原料の植物の特徴や熱の耐性によって変わります。上でご紹介した方法以外にも、昔は油脂に植物の芳香成分を吸着させる『油脂吸着法』があったり、最近は液化ガスを溶剤として使う『超臨界液体抽出法』など、いろいろな製造方法があります。これからも、画期的な製造方法が出てくるかもしれませんね。

人気の通信教育はこちら

アロマセラピーアロマテラピーの資格が取れる!!
アロマセラピー資格

アロマセラピー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

アロマセラピー資料 アロマセラピー

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ資格

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る