アロマテラピーでダニが寄って来ない家づくり

アロマテラピーでダニが寄って来ない家づくり

日本の全人口の約2人に1人が、アレルギーを持っており、一番の原因が、ダニであるといわれています。ダニの死骸や糞が乾燥して空気中に舞っているものを吸い込むと、気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎など、アレルギーの引き金になることがわかってきました。アロマテラピーで使われる植物から香りの成分を抽出した精油には、ダニが嫌がる香りで防虫に使うことができるものがあります。

■ダニはこうやって増えている

家の中に発生するダニの多くは、外から持ち込まれたものです。服に付着していたり、ペットが散歩のときに身体についたりして家の中に入ります。その後、驚異的なスピードで増殖します。ダニのメスは1匹が1日に約6個の卵を産み、その後ネズミ算的に増えて、2~3か月で30万匹になります。

ダニが主にエサにしているのは、人間や動物のアカやフケなどです。また、食べ物などもエサにします。繁殖場所は人間が接する布でできたものが多く、衣類や布団、ソファー、カーペットや畳にいます。

ダニの大きさは1ミリ以下で、肉眼で見つけることが困難です。気が付くと身の回りがダニだらけになっている…想像するだけで、ゾッとしますね。

■ダニをアロマで撃退するには

殺虫剤を使とダニを退治することができますが、小さなお子さんがいたり食品があったりする場所で使うのは不安です。そこでおすすめするのが、自然由来のダニが嫌いな成分を使ったアロマの精油です。

ダニ除けに効果的な精油

シトロネラ レモングラス ユーカリ・レモン レモンティートゥリー

ダニ除けに効果的なアロマの精油は、「レモンのような香りがする」ことが特徴です。この香りをダニは嫌うため、ダニを追い払うことができます。もっとも効果的な方法は、スプレーを作って家の中のダニのすみかの布製品にスプレーすることです。

・ダニ除けアロマスプレーの作り方

材料(50ml分)

精油 10滴

無水エタノールまたはウォッカ 5ml

精製水またはミネラルウォーター45ml

スプレー容器

日付シール

作り方

  • 精油と無水エタノールをスプレー容器に入れてふたを閉め、振り混ぜます。
  • 混ざったら、精製水を入れてさらに振り混ぜます。
  • 日付シールに作った日付を記入して容器に貼ります。

作ったダニ除けアロマスプレーは2週間以内に使い切ります。

また、湿度が高いところにもダニは繁殖しやすいので、除湿効果が高い重曹も効果的です。ダニが嫌いな香りの精油を入れることによって効果が上がります。

・ダニ除けアロマ除湿パウダーの作り方

材料

重曹 30g

精油 6滴

ガラスまたは陶器の小皿

作り方

・重曹を小皿に入れて、精油をたらして混ぜます。

・靴箱や押し入れ、クローゼットなど、湿気が溜まりやすい場所に置きます。

・香りがしなくなったら、精油を足して混ぜて使います。

ダニが嫌うのは、清潔なお部屋です。そしてダニは、冬が終わり暖かくなるにつれて活動を始め、梅雨の時期になるともっとも活発になります。日ごろのこまめな換気と掃除はもちろん大事です。さらに、活発になる前からあらかじめダニ除けアロマスプレーやダニ除けアロマ除湿パウダーを使って、ダニが大事な我が家に入ってくるのをがっちりガードしましょう。

アロマについて

アロマ資格
ページトップへ