アロマを混ぜることでより楽しめる!?アロマブレンドの方法

スプレー 香水 アロマ

心身の不調を整えてくれるアロマオイルは好みの香りを見つけて、1つの香りだけを楽しむという方が多いのではないでしょうか。あなたがもしアロマオイルの使い方に慣れてきたのであれば、気分や体調に合わせてアロマオイルをブレンドしてみませんか?より良い香りを楽しむことができますよ。

 ブレンドする時のコツ

アロマオイルをブレンドすることで、単体の時以上に深くコクのある香りを楽しむことができます。初めてアロマオイルをブレンドする場合は、前もって相性の良い香りを知っておくと失敗せずにブレンドに挑戦することができますよ。

1.同じ系統の香りをブレンド

一番失敗が少ないのが同じ系統の香りをブレンドすることです。例えば「グレープフルーツ+オレンジ」のようにかんきつ類でまとめてみるのも香りが爽やかで初めてでも違和感なく楽しめますし、「ミント+ローズマリー」のようにハーブでもすっきりした香り同士をまとめるとはずれなくブレンドを楽しむことができます。

2.異なる系統の香りをブレンド

少し難しいかもしれませんが、深みやコク、奥深い魅力的な香りを生み出すことができるのが異なる系統の香りです。はじめから多い量でブレンドすると失敗してしまう可能性がありますので、少しずつブレンドしていくことが大切です。

異なる系統の中でも、はじめにブレンドしやすいのはフローラル系+かんきつ類の香りです。「ラベンダー+オレンジ」は両方とも安眠作用のある香りとして人気が高く、セットで販売されていることも多い人気の香りです。「ローズ+マンダリン」も甘い花の香りに爽やかな果実の香りが足されて心地よい香りになりますよ。

森の中を思わせる樹木系とフローラル系のブレンドもおすすめです。「ユーカリ+ラベンダー」「ローズマリー+ラベンダー」は挑戦しやすいですよ。

 アロマの揮発性や香りの強弱について

もっとブレンドに慣れてきたら、アロマの揮発性や香りの強弱に着目してブレンドに挑戦してみましょう。香りは放置しておくと徐々に蒸発してきます。そんな揮発性はノートともいわれ、トップ→ミドル→ベースの順で香りが長続きしていきます。

トップノートは香りの第一印象ともいわれますし、ミドルはブレンドした香りの印象を左右する大事な要素となっています。ベースは持続性がある香りが適しています。

香りの強弱は1~12のランクがつけられています。1が一番香りが強く、12に近づくほど香りは弱くなっていきます。例えばバニラやシナモンは小さな数字に当てはまり、ライムやオレンジは大きな数字としてあらわされます。

 インスピレーションで選んでみよう

香りの揮発性や強弱も大事なのですが、最終的には自分のインスピレーションを大切にしてブレンドしていくことをおすすめします。心地よい香りだと思えるものをつくりだすことに意味があると思いますから、自分だけの香りを作り出してブレンドを楽しんでください。

 使う時の注意点

アロマオイルの原液は天然由来のものが多いとはいえ、植物から抽出される際にかなり濃縮されているので、刺激が強いです。肌が弱い方はブレンドの際に肌に触れてしまわないよう注意が必要です。ブレンドしたオイルを肌につけたい場合にはホホバオイルやスイートアーモンドオイルで希釈したものを使うようにしてくださいね。

人気の通信教育はこちら

アロマセラピーアロマテラピーの資格が取れる!!
アロマセラピー資格

アロマセラピー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

アロマセラピー資料 アロマセラピー

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ資格

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る