アロマの香りを7種類紹介!気になるそれぞれの効能は?

%e3%82%a2%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%80%80%e5%8a%b9%e8%83%bd

アロマの魅力は気分を落ち着かせてくれる個性豊かな香りだと思います。そんなアロマの香りは大きく分けると7種類に分けることができます。今回はアロマの7種類と、それぞれの香りにある効能を紹介していきます。お気に入りの香りが見つかったら、お気に入り同士をブレンドするのも面白いですよ。

 アロマの香り7種類

アロマの香りは大きく分けて7種類に分けることができます。

かんきつ類

例)オレンジ、グレープフルーツ、レモン、ベルガモット、マンダリン

フローラル系

例)ラベンダー、ローズ、ジャスミン、カモミール、ネロリ

エキゾチック

例)イランイラン、サンダルウッド

ハーブ

例)ペパーミント、ローズマリー、タイム

スパイス

例)シナモン、ジンジャー、ブラックペッパー

樹木

例)シダーウッド、ヒノキ、ユーカリ、ティートゥリー

樹脂

例)フランキンセンス、ベンゾイン、ミルラ

樹脂系の香りはあまり馴染み深い名前が並ばなかったので補足すると、フランキンセンスはかすかにレモンのような香りのする爽やかな香りです。ベンゾインはバニラのような重厚な甘さが特徴の香り、ミルラは甘さと苦さのある個性的な香りとなっています。

 それぞれの効能は?

それぞれ細かく分けた香りについて特徴から7種類それぞれの効能について紹介していきます。

かんきつ類

オレンジ、グレープフルーツ、マンダリンの香りの効能には「気分を明るくする」「幸福感」「喜び、元気」といった効能があります。レモンやベルガモットの香りは「心の浄化」や「リラックス」といった効能がありますが、気持ちを明るくさせてくれる香りを探している場合にはかんきつ類を選ぶのがいいでしょう。

フローラル

フローラル系の香りには「いやし」「自己受容」「安心感」「不安の緩和」「落ち着き」といった精神的な不調をやさしく緩和してくれるような効能が傾向として多いです。気分を明るくさせたいわけではなく、安心したい、落ち着きたいという想いがある場合にはフローラルの香りが心地よいかと思います。

エキゾチック

イランイランには「自信」、サンダルウッドには「崇高さ、静寂」といった効能があります。自分に自信を持ちたい時にはエキゾチックな香りが後押ししてくれるのではないでしょうか。

ハーブ

ハーブの香りは幅広く、ペパーミントやタイムのような爽やかな香りだと「自信」や「意欲」といった積極性の見られる効能が多く見られます。ローズマリーには「癒し」の効能がありますが、ハーブの香りにはリラックスではなく覚醒といった効能もありますから、シャキッとしたい時にはもってこいですね。

スパイス

活力みなぎる効能が多いです。「活力」「行動」「ポジティブ」といった効能があるのがスパイス系の香りです。何かを挑戦する時、自分を奮い立たせるためにスパイス系の香りを使うのがおすすめです。

樹木

「意志」「目的を知る」「リフレッシュ」「自信」といった効能があります。森林浴へ行って心地がよくなるような感覚が味わえるのが樹木系の香りの醍醐味ですから、リフレッシュ目的なら樹木の香りを堪能するのがいいでしょう。

樹脂

紹介した樹脂系の香りはそれぞれ「静けさ」「落ち着き」「静寂」という効能があり、精神的に落ち着きたい時に樹脂系の香りを頼るのが良いでしょう。

人気の通信教育はこちら

アロマセラピーアロマテラピーの資格が取れる!!
アロマセラピー資格

アロマセラピー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

アロマセラピー資料 アロマセラピー

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ資格

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る