アロマのもつ鎮静効果とは?ストレス・イライラにアロマが効果的

アロマに使用するカラーセラピー

幅広い種類の香りで私達を楽しませてくれるアロマですが、心身の不調を和らげてくれる鎮静効果が高いということをご存知でしょうか。何となく良い香りを嗅ぐと気持ちが落ち着くという経験がある人も少なくないでしょう。今回はそんなアロマの鎮静作用と効果的なおすすめアロマについてご紹介します。

アロマの鎮静作用とは

もともと鎮静作用とは、不安感や緊張を和らげて、快適さを保つことを意味しています。興奮をやわらげて落ち着かせる効果があり、体内で興奮したときに分泌される神経伝達物資を抑制することで脳神経に働きかけ、気持ちを落ち着かせてくれます。

アロマ特有の「良い香り」はその「におい分子」が中枢神経系、リラックスに関与するGABA受容体に作用すると言われています。なんだか小難しい話をしてしまいましたが、「良い香り」というだけで気分がリラックスすることはとても良いストレス解消法なのです。

ストレス・イライラに効果的なアロマ

現代社会は仕事や人間関係において悪いストレスが蓄積しがちだと思います。鎮静作用のあるアロマの香りでリラックスし、ストレスを解消していきましょう。ストレス・イライラの解消にもってこいのアロマをご紹介していきます。

・ラベンダー

爽やかな香りが特徴的なリラックスできる香りの王道です。深いリラックス効果があり、とても人気の高い香りです。安眠作用もよく知られています。

・オレンジ

果実そのものの甘く酸味のある香りが人気の香りです。ラベンダーに並ぶ安眠作用のある香りとして知られています。かんきつ類の爽やかな香りで気分を明るくしてくれます。

・ゼラニウム

女性に人気の甘い花の香りです。ローズに似ていると評されることもあります。女性ならではの身体的、精神的な不調に効果があると言われており、更年期障害にも効果がある香りとして知られています。

・イランイラン

ゼラニウムに並び、女性に人気の少し色気のある甘さの香りです。不安や緊張感をやわらげてくれる香りです。

・カモミール

甘くほのかに漂う花の香りが心地よいアロマです。青りんごに似た芳香とも例えられます。心の不調に効果を発揮し、ハーブティーとして飲んでも美味しい人気の香りです。

・サンダルウッド

オリエンタルな雰囲気の漂う、甘さを感じる樹木の香りです。瞑想やヨガなどを行う際に向いている香りです。

アロマを眠る前のリラックスタイムに

不安や緊張をやわらげる鎮静作用のあるアロマですが、ストレスやイライラの改善には質の良い睡眠も必要です。眠る前のリラックスタイムにぜひアロマを活用しましょう。

寝る30~60分前にアロマオイルを楽しむ時間をつくってみてはいかがでしょうか。例えば湯をはったグラスに好みのアロマオイルを2~3滴垂らすだけでも、空間が香りに包まれてリラックスできますよ。

ただし、眠る前のリラックスタイムには鎮静作用のあるアロマを活用することをおすすめします。ペパーミントやシナモン、ペッパーのような爽やかだったり、スパイシーな香りを嗅ぐと目が覚めやすいので、しっかり安眠したい場合には、鎮静作用のあるアロマを使うのがよいでしょう。

香りを楽しむだけの時間をつくり、十分リラックスすることが体と心をやわらげるには必要です。アロマの鎮静作用を存分に味わう時には、スマホやパソコンから距離を置いて楽しめるといいですね。

人気の通信教育はこちら

アロマセラピーアロマテラピーの資格が取れる!!
アロマセラピー資格

アロマセラピー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

アロマセラピー資料 アロマセラピー

ハーブを楽しみ、ハーブを知る。
ハーブ資格

メディカルハーブカウンセラー
W資格取得講座

入学金無料 分割払い可能 初心者OK 安心の受講期間 質疑無制限 カリキュラム自由設定

ハーブ資料 ハーブ

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る