編み物で人の役に立てる!編み物でできるボランティアについて

編み物で人の役に立てる!編み物でできるボランティアについて

編み物といえば趣味や仕事など様々な可能性があるものですが、最近ではボランティアの手段としても注目されています。編み物でできるボランティアとはどのようなものなのでしょうか。今回は編み物とボランティアの関係やボランティアニットについてご紹介します。

ボランティアニットとは?

編み物が好きという人でも「ボランティアニット」という言葉を聞いたことがある人は少ないかもしれません。ではボランティアニットとはどのような活動なのでしょうか。

編み物で参加するボランティア

ボランティアニットとは、簡単に言えば編み物で参加するボランティアのこと。

世界には極寒地で暮らしていながら、満足に衣服を手に入れられない子どもも少なくありません。また、難民や内戦などによって住む家を追われて、温かい衣類を失ってしまうというケースも。

そういった過酷な状況に生きる子どもたちのために温かい衣服を編んで送るという活動がボランティアニットと呼ばれるものです。また、ボランティアニットの中には、野鳥のひなの巣などを手編みするものもあります。

編み物作品を人の役に立てる喜びがある

ボランティアニットの活動の魅力は、自分で作った編み物作品が人の役に立つということ。編み物を受け取った子どもたちは、厳しい寒さから身体を守ることができるだけでなく、自分たちのことを心配してくれる人がいるというメッセージを受け取ることができます。

また、ニットを送ることは、毛糸を無駄にしないことにもつながります。編み物をしているとどうしても毛糸が余ってしまうことがありますが、これらの毛糸も貴重な天然の資源。それを無駄にしないことで持続可能な環境づくりにも役立てることができます。

ボランティアニットに参加する方法

ボランティアニットの活動を知って「やってみたい」と思った場合、どのように参加すればよいのでしょうか。

インターネットやSNSでボランティアニット募集記事を探す

ボランティアニットはインターネットやSNSで募集されていることが多いもの。そのため、これらの募集を探すことが第一歩となります。

ボランティアニットの募集は不定期なものや、毎年決まって行われているものなどがあるので、自分の都合に合ったものを選ぶとよいでしょう。

期日までに指定通りの作品を編む

ボランティアニットの募集要項には編み図が掲載されているのが一般的です。ボランティアニットに参加する場合には、指定された期日までに、編み図通りの作品を編むことが必要です。

またボランティアニットの場合、編み図はダウンロードによって入手できるケースが多く、使う毛糸が指定されていることもあります。

というのも、ボランティアニットはおしゃれよりも防寒の目的で送られることが多いもの。指定された毛糸の種類はきちんと守りましょう。また、編み図がない場合には、就学前の児童から中学生ぐらいまでの年齢の子どもが使えるサイズにするとよいでしょう。

指定どおりの発送方法で送付する

指定通りのものが出来上がったら、次に発送を行います。発送は指定された倉庫に送りますが、その際、送料などが必要です。

また、自宅から倉庫に送る以外にも、倉庫から海外の目的地までの梱包料や輸送量が必要になります。

これらは寄付金という形で送付することが多いため、募集要項をきちんと確認するとよいでしょう。

ボランティアニットに参加する時の注意点

ボランティアニットに参加する場合、いくつか共通するルールがあります。これらのルールを守らないと作品を受け付けてもらえないこともあります。

材料費や送料は自費

ボランティアニットの場合、材料費や送料は自費が原則です。

また、使用する毛糸の種類だけでなくデザインが限定されていることも。これは水が不足していてなかなか洗濯できない場所に対する配慮なので、しっかりと指定を守るようにしましょう。

さらにボランティアニットの場合、古着は送らず、新しく編んだものを送るのが原則。ただし、中古の毛糸はOKというところが多いようです。

期日までに編み終わり発送完了しないといけない

ボランティアニットはある程度の量が集まったところでまとめて現地に発送を行います。そのため、ボランティア団体が指定する期日までに編み終わり、発送を行わなければいけません。

子ども用のセーターやマフラーとはいえ、ある程度のサイズがあるため比較的時間がかかるもの。ボランティアニットに参加する場合には、ある程度時間の余裕を持っておいたほうがよいかもしれません。

もし指定された期日までに間に合いそうもないという場合、複雑なパターンではなく、慣れたパターンを使用する、できるだけ複雑な作業を減らすために輪編みを使うといった、早く編む工夫が必要です。

もし普段はアメリカ式で編んでいるという場合、早く編みあがるフランス式も身につけておくという方法もあります。

まとめ

編み物好きにとって、ボランティアニットはやりがいのあるボランティア。もしたくさんの毛糸が余っている、色々なものを編んでみたいという方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ