計画倒れは最悪クラウドファンディングのデメリットとは?

・お金を集めても事業が進まなければ……

 

 メリットの部分ばかりが先行しがちなクラウドファンディングですが、残念ながらクラウドファンディングにもいくつか問題点やデメリットはあります。最大のデメリットは、事業やプロジェクトの資金を集めてもそれが適切に運用されなければ出資者にとっては大きなリスクとなってしまう部分でしょう。

 

 魅力的なプロジェクトで資金を集めても、いざ実行する段階においてプロジェクトが著しく実効性の低いものであったり、プロジェクトにおいて思わぬ障壁が現れてしまったりという場合には、プロジェクトが当然頓挫してしまいますので、いわば「計画倒れ」の状態になってしまいます。

 

 寄付型や投資型のクラウドファンディングであれば、最悪全額を出資者に対してそのまま返済すれば大きな問題にはなりませんが、購入型の場合にはすでに商品の対価が支払われており、その商品を出資者が使ってしまったような場合には返品返金がスムーズに行われない可能性があります。

 

 最も問題なのは、寄付や投資などで集めたお金を起案者が持ち逃げしてしまうようなケースも存在していることです。その場合には詐欺にあたりますから、起案者には刑事責任が課せられるような場合もあります。

 

 このようなトラブルの温床にもなりかねない側面を持っているのが、クラウドファンディングの一番のデメリットだと言えるでしょう。

 

 

・投資側のリスクは大きめ

クラウド

 クラウドファンディングはどちらかというと、投資する側に対して大きなリスクがあるシステムだと言えます。どのような形式であっても、一度投資したお金を取り戻すことが難しいという部分が、やはり投資する側にとっては大きなリスクになると言えるでしょう。

 

 自分が投資したお金はそのプロジェクトの様々な部分に使われていることが多く、容易に取り戻すことができないことが多くなっています。お金を取り戻したいと思っても、「使ってしまった」と言われれば泣き寝入りのような形になってしまう場合も多いのです。

 

 このように、クラウドファンディングは金銭関連のトラブルが数多く考えられる構造であることが大きな問題だと言えるでしょう。この部分を是正しなければ、真の意味でクラウドファンディングは広がっていくとは言えません。補償金制度など、投資する側にとってリスクを減らすことが出来る仕組みづくりが、今後は急務になってくると言えるでしょう。

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る