終身雇用制の崩壊雇用制度の展望とクラウドのあり方

クラウド

・クラウドツールが雇用を変える!

 現在、間違いなくネット社会におけるメインストリームへと歩みを進めているクラウドツール。これらのツールが働き方を変え、雇用の流動化を促進し続けていくのは間違いないでしょう。

 

 日本の現状の雇用情勢に目を向けてみると、現在の日本の雇用は驚くほどいびつになって来ていると言えます。新卒で職に就くことが出来ない若者たちが増え、かと思えば大企業においては能力のない社員が組織の足を引っ張り、いわゆる「社内ニート」と呼ばれる社員に席が与えられています。

 

 一方では、経営の効率化を標榜したリストラが企業規模の大小を問わずに行われ、終身雇用制は崩壊の一途をたどっています。雇用の未来を危惧する層は公務員に流れ、何のビジョンも生産性も持たない役人が大量生産されて国の財政を脅かすまでになってきています。

 

 これらのいびつな雇用情勢にメスを入れるのは、間違いなくクラウドツールだと言えるでしょう。クラウドソーシングとクラウドコンピューティングは、社員を雇わなくとも仕事ができる環境づくりを可能にします。自分たちのやりたいことを自分で形にしたい若者は、クラウドファンディングで資金集めをして起業を行うことが出来ます。より健全な形に雇用情勢を整える役割も、クラウドツールは担っているのです。

 

 

・雇用の流動化が生み出すのは決して「悲劇」ではない

クラウド

 クラウドツールが雇用の流動化を促進することに対して、従前からの終身雇用制度の崩壊を危惧する層からは、国民を貧しくするシステムであるという批判が噴出することもあります。

 

 確かに、クラウドツールによってもたらされる雇用の流動化は、これまでの日本の雇用制度に風穴を開ける大きな変革の動きだと言えるでしょう。しかし見方を変えると、これまでの能力がある人もない人も同じように評価されていくというシステム自体が、かなりおかしなものであったことは否めません。クラウドツールは、これらのおかしな雇用関係をある意味で「正常」に戻す働きを担っていると言えるでしょう。

 

 ビジネスの場面では、能力のある人が上に行くべきです。クラウドツールによって業務にスピード感が増すことで、能力がある人はさらに自分のビジネスチャンスを広げてより多くの勝ちを生み出すことが出来るでしょう。クラウドツールは、このような健全な評価体系をも可能にするツールなのです。日本の閉塞感漂う雇用情勢が完全に変わる日は、もうすぐそこまで来ています。

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る