国内でのクラウドの認知度はどのくらい?

アフィリエイト

・クラウドの認知度は上がってきている?

 世界各国ではもはやネット上のメインツールとなっているクラウド。しかし国内におけるクラウドツールへの認知度に関しては、決して高くないのが現状です。すでに身近な存在として定着しているフリーメールなどのツールを除いて、クラウドツールは名前は知っていてもどういったものかということを知っている方はそれほど多くないと言えるでしょう。

 

 しかし、企業におけるクラウドの認知度は、年々順調に向上してきています。ネット社会の昨今、クラウドツールに関する動向についてはきちんと押さえている企業が規模の大小を問わず多くなってきています。

 

 その一方で、「IaaS」などの新しいタイプのクラウドコンピューティングツールに関しては、まだまだ企業側の認知や理解が進んでいないのが事実です。新しいタイプのクラウドコンピューティングは、これまでの単なるシステムの仮想化やオンラインにおけるツールの利用だけではなく、システム自体をオンライン上で運用するという規模の大きな話になっているため、なかなか理解をすることが難しいという部分が大きな理由です。

 

 

・企業によるクラウド導入はそれほど進んでいない

クラウド

 

 また、企業におけるクラウドの認知は、そのまま企業におけるクラウドツールの導入につながっているわけではないことも特徴です。この点から考えても、企業におけるクラウドへの理解が正しく進んでいるかという点に関しては疑問符が付いてしまいます。

 

 企業がクラウドツールを導入しない理由には、セキュリティ面における不安やコスト面における負担増などのリスクが挙げられます。しかしながらこれらは、クラウドツールをきちんと企業側が理解していれば導入しない理由にはなり得ないものばかりです。

 

 例えばセキュリティ面における不安に関しては、クラウドツールは自社でシステムを管理する場合よりもより強固なセキュリティが敷かれていますから、ヒューマンエラー以外の理由による情報流出の危険性というものはむしろ少なくなるものになっています。

 

 また、コスト面でもクラウドツールは従量制で利用することが出来ますので、むしろ使わない部分のリソースやコストを他の重要な分野に回すことができるという特性があり、企業側のコスト面での負担を下げるものになると言えるでしょう。

 

 クラウドへの認知度が上がっても普及がなかなか進んでいかないのは、企業側がこう言ったクラウドの特性に対してきちんと理解できていないからという一面もあると言えますね。

 

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る