可能性は無限大将来的にクラウドはどんな進化を遂げる?

・これからさらに伸び続けていく市場であることは確定的

 クラウドツールの未来は、いまだクラウド自体が発展途上なツールであることもあって確定的なことは言えないという部分が現状です。しかし、今後もしばらくは伸びていくツールであることは確実ですし、IT関連ツールのように完全にビジネス上における重要なツールとして根付く可能性を秘めているものであるということはほとんど間違いないと言えるでしょう。

 

 クラウドツールの定着化には、スマートフォンやタブレット端末の普及も一助を担っていると言えるでしょう。気軽に情報やツールを持ち歩くことが出来るスマートフォンやタブレット端末とクラウドサービスは基本的に相性が良く、クラウドサービスの発展においてこれらの端末は欠かすことが出来ないものだと言えるでしょう。

 

 今後、よりこれらのモバイル端末に対して最適化されたクラウドサービスが一般的になってくることで、その部分においてまだまだクラウドサービスは成長できる余地を残しています。まずはモバイル端末向けのツールの開発という部分において、クラウドサービスの拡充はより進めていくことができるでしょう。

 

・在宅ワーカーが急増する?

クラウド

 クラウドサービスの広がりによって、在宅において仕事をする在宅ワーカーや俗に言うノマドワーカーが今後さらに増えていくことも容易に予想できます。

 

 クラウドサービスを使いこなすことが出来ていれば、もはやオフィスに出勤することはもちろん、オフィスすら必要のない働き手が数多く生まれることになります。その結果、オフィスを持たないでビジネスを行うビジネスマンの数はこれまで以上に増えていくことが予想されます。

 

 事実、日本におけるクラウドソーシングの市場規模は2015年度から2018年度にかけて約3倍ほどに膨れ上がっていくという統計もあり、オフィスに出社しないという働き方のスタイルは今後さらに一般化していく可能性があります。

 

 また、いわゆるパラレルワーカーと呼ばれる副業をいくつも抱える働き方も、今後より一般的なものになっていく可能性があります。パラレルワーカーは複数の収入源を確保することでリスクを分散させることが出来るうえ、発注側にとっても人件費の変動費化を押し進めることができるために、使用者と労働者両者にとってメリットの大きい制度だと言えるでしょう。

 

 クラウドサービスの拡充によって、働き方は今以上に目まぐるしく変わっていくことが予想されるのです。

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る