公共性を高めるクラウドファンディング成功のポイント

・投資の種類によっても変わってくる成功のポイント

 クラウドファンディングによって、今やインターネット環境さえあればだれでも簡単に資金集めができるようになりました。しかし、クラウドファンディングを成功させるためにはプロジェクトの内容がしっかりしていなければいけません。生半可なプロジェクト案では、出資者を納得させて資金を提供してもらうことは不可能だと言えるでしょう。

 

 では実際に、クラウドファンディングを成功させるためには、一体どのような点に気をつけてプロジェクトを計画していけば良いのでしょうか。クラウドファンディングでお金を集める方法が「寄付型」「投資型」「購入型」のいずれかによって、成功させるためのポイントも違ってきます。

 

「寄付型」の場合には、その事業が社会貢献的である方が成功させやすいと言えるでしょう。災害支援などの大きなものでなくとも、例えば小さなコミュニティにおけるボランティア的な活動であっても社会的意義が大きければ成功させられる可能性は高くなると言えます。

 

「投資型」の場合には、お金を出資してくれた人に対して十分なリターンを与えられるか否かという部分が大変重要になってくるでしょう。十分なリターンを生み出せるようなプロジェクト内容でなければ、投資を成立させることはできません。

 

「購入型」の場合には、そもそも資金調達の段階で販売するものやサービスが魅力的であるということが重要になります。ものやサービスの対価として資金提供を受けるため、商材に魅力があることが大前提となりますね。

 

 

・共通のキーワードは「公共性」

クラウド

 

 これら3つのクラウドファンディングの形式ですが、3つに共通する成功させるために必要不可欠な要素があります。それは「公共性を高めたプロジェクト内容を起案する」というものです。

 

「寄付型」の場合にはプロジェクトが対象とする社会全体に対して、「投資型」の場合には出資者全員に対して、「購入型」の場合には購入者全員に対して、それぞれ資金を提供した「見返り」を提示する必要があるのが、クラウドファンディングの最も難しい部分だと言えます。

 

 少額ではありますが資金を提供している以上、それに見合った何らかのリターンを生み出すことができない場合、そのクラウドファンディングは失敗であると言わざるを得ないでしょう。ものやサービス、または価値や社会貢献を生み出してこそのクラウドファンディングだということは、起案者全員が頭にとどめておくべき事項だと言えるでしょう。

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る