会社でもクラウドを活用組織におけるクラウドの活用事例

クラウド

・もはやビジネスマンの必須ツールとなったクラウドストレージ

クラウドサービスは今や、会社勤めのビジネスマンにとっても必須のツールとなっています。特に、どんなビジネスマンにとっても有用なツールとして「カレンダー」「クラウドストレージ」が挙げられます。

  

クラウドとして利用する「カレンダー」は、スケジュールを他の社員と共有できるという部分に利便性があります。例えば外回りの多い営業職と、内勤の事務職がカレンダーでスケジュールを共有することで、いらぬトラブルを避けられることはもちろん、内勤と外勤の連動性も向上することでしょう。

 

「クラウドストレージ」は単純にバックアップ場所として外部サーバーに大容量のファイルを保存しておくために利用することができるのはもちろん、ファイルを複数の社員で共有することで、チームで仕事を行うような場合に簡単に最新のファイルを全員で利用することが可能になるのも利点だと言えますね。

 

 共有というクラウドの果たす大きな利便性が、仕事の能率を大幅に上げています。ビジネスマンにとってのクラウドの利便性は、今後ますます増えていくのではないでしょうか。

 

・会社のアウトソーシング先として「クラウドソーシング」が選ばれる!

 ⑧

ビジネスマン単体としてだけではなく、会社組織全体としてもクラウドサービスは大変な利便性を持っていると言えるでしょう。特に最近では、会社が業務のアウトソーシング先として、「クラウドソーシング」を選択する事例が増えています。

 

 会社が「クラウドソーシング」を利用した際のメリットとしては、「経費の大幅な削減」「人件費の変動費化」の2点が挙げられます。

 

 アウトソーシングを「クラウドソーシング」で行う際に見逃せないのはやはり経費が大幅に削減されるという部分でしょう。自社の社員に行わせることで生じてしまう余計な経費を、クラウドソーシングならば最大限にカットすることが出来ます。

 

 クラウドソーシングで外注することで、その部門の人件費は固定費でなく変動費になります。人件費が変動費化することで、企業は浮いた部分を他の分野の強化に回したり、単純にコストカットを成功させて経営を健全化することが出来るなどの様々なメリットを享受することが出来るのです。

 

 ビジネスマン個人だけでなく、会社組織にも有用なクラウドサービス。今後、会社経営の中でクラウドの果たす役割はますます大きくなっていくと言えるでしょう。

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る