世界におけるクラウドでの働き方の展望

アフィリエイト

・情報が、ビジネスマンが国境を軽々と越える!

 インターネットの普及は、世界の大きさを小さくしたと言われることがあります。ネットの世界では東京から横浜も、東京からリオデジャネイロも同じ距離です。世界が小さくなったことで、少なくともネットの世界の中では国境という概念も過去のものとなっている節がありますね。

 

 クラウドサービスは、そんな小さくなった世界を自由自在に飛び回れる「羽根」の役割を果たすものになっていると言えるでしょう。これまでは世界中の情報が飛び交ってくるだけであったネットの世界の中を、クラウドサービスという「羽根」をつけたビジネスマンが自由自在に飛び回ることが出来るのです。

 

 クラウドの「羽根」は、国境も軽々と飛び越えて様々な国で自国に居る状態とほとんど変わらずにビジネスが出来るようになります。その結果、日本国内では難しかったビジネスを海外で成功させたり、日本を拠点にしながら海外を主戦場として戦うビジネスモデルも、容易に行うことが出来るようになったのです。

 

 国境の壁を感じさせずに飛び回れるビジネスマンたちは、環境や経済格差の違いをなきものにする可能性をも秘めています。サハラ砂漠の真ん中でも、北極圏の凍えるような環境の中でも、東京やニューヨークで仕事をしている状態と同じだけの経済的な価値を生み出すことも、クラウドサービスを使いこなせばできるようになるのです。

 

・これからは世界規模で競争をする時代!

クラウド

 

 クラウドサービスの登場で国境を「羽根」をつけて簡単に飛び越えることが出来る昨今、「羽根」をつけたビジネスマンたちの競争相手は自国のビジネスマンだけではなく、全世界でしのぎを削っているビジネスマンたちということにもなるでしょう。

 

 ビジネスチャンスが増える分、もちろん敵の数も増えますし、競合する事業の数も増えます。そんな中で戦わなければいけないことは一見するとなかなかサバイバルな状況にも見えるかもしれません。

 

 しかし、そんな中でもきちんと対外的に「違い」を持った価値を作り出せるビジネスマンは、確実に世界市場の中で生き残っていけます。生き残っていけるどころか、「違い」が素晴らしければ素晴らしいほど、世界の中で大きな存在感を示していける可能性を持っているのです。

 

 クラウドサービスの作り出した「羽根」は、単に国境を越えられるだけではなく、ビジネスマンにとっての大きな飛躍を、以前よりも容易に行えるような環境づくりにも寄与していると言えるでしょう。

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る