ファイル共有して大丈夫クラウドコンピューティングのセキュリティ

クラウド

・クラウドコンピューティングにはセキュリティリスクがある?

 ビジネスの世界を変える可能性に満ちているクラウドコンピューティング。しかし、個人レベルでの導入例は数多いものの、企業でクラウドコンピューティングを導入しているところはまだそれほど多くはないのが実情です。

 

 クラウドコンピューティング導入が進まない理由には様々なものが考えられますが、やはり大きな理由として、クラウドコンピューティングのセキュリティに関する部分に信頼がおかれておらず、情報流出のリスクがあるという部分が挙げられます。

 

 クラウドコンピューティングがインターネット上のシステムである以上、ハッキングなどのセキュリティリスクを完全にゼロにすることはできません。企業にとっては情報流出は一大事ですから、万に一つのリスクを取るよりも今までどおりの「オンプレミス(自社のみでツールが使える状態)」なシステムで業務を行った方が安心できるということですね。

 

 

・セキュリティがより強固な「プライベートクラウドコンピューティング」サービスとは?

クラウド

 クラウドコンピューティングの持つリスクによって企業が導入に及び腰になっている現在、新たな選択肢として「プライベートクラウドコンピューティング」というシステムが着目されるようになっています。

 

 これは、従来のオンプレミスなサービスのように、自社でクラウドコンピューティングのサービスを管理しながらも、外出先などでも自社のサーバーにアクセスしてファイルを参照することができるというサービスです。完全に内輪のみでのデータのやり取りになりますので、当然セキュリティは通常のクラウドコンピューティングとは比較にならないほど固いものになります。

 

 また近年では、このようなプライベートクラウドのシステムをパブリッククラウドのシステムに接続し、データのセキュリティの管理のみを外注する「ハイブリッドクラウドコンピューティング」と呼ばれるサービスも注目されています。

 

 ハイブリッドクラウドは自社システムを管理するために自社の人員を割くのではなく、管理の部分のみを外注することで人件費を削減することもできますし、セキュリティのプロの管理によって自社で管理するよりもより安全にクラウドサービスを使うことができるといったメリットもあります。

 

 これらの新しいクラウドコンピューティングサービスを使うことができれば、情報流出のリスクも格段に少なくなり、企業は利便性のみを取ることができるでしょう。

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る