コスト減がけん引クラウドコンピューティングが隆盛を極める理由

アフィリエイト

・自社でシステムを持つことはコストの増大につながる!

 企業にとって、設備投資の資金は大きな固定費を抱えることにもつながりますし、設備の拡充にかかる費用も並大抵のものではありません。また、一度作ってしまった自社のシステムは、容易に撤去できるものではないことも事実です。

 

 ITコストの増大は、規模の大小を問わずここ15年余りの企業にとっての共通した悩みのひとつでした。自社でサーバーやシステムを構築し、それらのシステムを活かして仕事を行い、費用対効果を高めて投資に見合った価値を生み出す努力をする。

 

 さらに維持管理費だけではなく、新しいシステムやツールを定期的に導入して、そのたびに莫大な費用がかかる。しかも新しいシステムがあまり価値を生み出せないものだった場合にはその投資は完全に無駄になってしまい、投資した分のリターンは全く期待できなくなる。

 

 このような図式が、ここ15年間の日本における各企業のIT分野における実態だったと言えるでしょう。もちろんこういった部分をなんとかクリアして円滑に運用を行っている企業も数多くありますが、IT関連設備の費用の増大が、企業にとってのアキレス腱のひとつになっていることは否定できません。

 

・効果的にクラウドを使えば、これらの問題は解決!

クラウド

 クラウドコンピューティングは、こういった従前のIT設備に関する問題を一挙に解決できる可能性に満ちていると言えるでしょう。

 

 クラウドコンピューティングのメリットのひとつに、使う分だけシステムを利用することが出来るというものがあります。つまり、これまでのように過大なコストをかける必要がなく、使う分野、使う部分にのみ効果的にコストをかけて使うことが可能なのです。

 

 クラウドコンピューティングは例えるなら、大きなビルの中に自分の使う間取りの部分だけを間借りすることができるような構図になっています。しかも、契約内容にもよりますが使わない部分は適宜リリースして、より多く使う部分はさらに多く借りることが出来るという、企業の都合に合わせた使い方も十分に可能なのです。

 

 さらに、設備を新しくする際の投資もほとんど必要ないので、常に最新の設備を間借りして使うことが出来るという部分もクラウドコンピューティングの大きな魅力です。従来であればかかっていたシステム更新に伴う支出も、存分にカットすることが出来ます。

 

 企業がIT設備の分野でコストカットを考えるならば、クラウドコンピューティングは間違いなくファーストチョイスに入ってくるツールだと言えるでしょう。

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る