クラウドファンディング活用事例SNSを駆使して世界中から投資受け付け!

クラウド

・SNSは主要な集客ツールのひとつ!

 クラウドファンディングは、起案内容の良し悪しもさることながら、まずは投資をしてもらう人に対して自分の案件を知ってもらわないことには話が始まりません。自分のアイデアやプロジェクト内容を広範に知らせるためには、SNSの利用が不可欠となります。

 

 SNSにおいて自分のアイデアを分かりやすく提示し、SNSからネット上である程度バズらせる(ネット上で話題にさせる)ためには、SNSのシェア機能をフル活用する必要があります。

 

 FacebookにおけるシェアやTwitterにおけるリツイートを通して、世間に自分のアイデアを広めることで、日本だけでなく文字通り世界中から賛同者を集めることが出来るでしょう。また、自分のアイデアの分野において影響力のある人や、その界隈での著名人にシェアしてもらうことで、その有名人をフォローしている人からのより多くの賛同を集めることも出来ます。

 

 こうしてシェアしてもらうことで賛同者は増加し、クラウドファンディングの目標額を達成することが出来るというのが理想的な成功への道筋です。

 

 

・誰にでもわかりやすくすることが、成功への第一歩!

クラウド

 

 クラウドファンディングを成功させるうえで最も重要なのは、そのアイデアを「わかりやすく伝える」という点にあると言えます。

 

 いかに素晴らしいアイデアであっても、クラウドファンディングを行う上ではそのアイデアを人に分かりやすく伝えることができなければなりません。ましてやクラウドファンディングはどんな形態をとるにせよ「出資」をしてもらうものなのですから、どのような形で自分のお金が使われ、どのようなことに役に立つのかということを明確に示すことは半ば義務のようなものであると言えるでしょう。

 

 少々複雑な構図を持つプロジェクトであれば、その内容を分かりやすくかみ砕いて説明する必要もあるでしょう。特に集めたお金の使途の部分は、より明確化しておかなければ「詐欺だ」と言われてしまうような危険性もはらんでいます。

 

 さらに全世界にクラウドファンディングを呼びかけるような場合には、言語の問題も大きなものになります。言葉自体は英語が使えれば十分ですが、日本語における微妙なニュアンスを英語で伝えることが出来ないと、海外の出資者との間で齟齬が生じて後々問題になってしまうこともあります。

 

 分かりやすく伝えるという部分に注力することが、クラウドファンディング成功のための第一歩だと言えますね。

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る