クラウドファンディングを効果的に活用するための3つの法則

クラウド

・綿密な計画と、戦略的な拡散

 様々なメリットやデメリットのあるクラウドファンディングですが、プロジェクトを起こしたい人にとっては非常に魅力的なシステムであることに変わりはありません。起案者がクラウドファンディングを効果的に活用するためには、3つの法則があると言えるでしょう。

 

 まず1つ目は「計画を綿密にすること」です。クラウドファンディングにおいて、計画倒れに終わってしまうことは出資者が多いこともあって大問題になってしまう可能性があります。

 

 一人ひとりの出資額は少額であっても、出資してもらったという事実に変わりはありませんから、失敗してしまうような計画であってはならないのです。綿密に失敗のないような計画を立てたうえで、適切に周知することがクラウドファンディングにおいては通常の投資以上に求められます。

 

 2つ目は「戦略的に拡散を行う」という部分です。クラウドファンディングを成功させるためには、まず自分のアイデアなりプロジェクトなりを出資する側に見てもらわなければなりません。そのためにも、SNS等における拡散は成功において大きなカギを握ります。

 

 より多くの人に見てもらい自分のプロジェクトをバズらせるためにも、プロジェクトの分野に精通している人の目に留まらせたり、有名人の目に留まらせたりすることは必須条件だと言えるでしょう。影響力のある人の力を借りて拡散することが出来れば、自分のプロジェクトをバズらせることは難しくないと言えます。

 

 ・プロジェクトや使途の明確さを重視!

クラウド

 最後に、クラウドファンディングを成功させるためにはプロジェクトの内容自体や出資金の使途をとにかく明確にすることが求められるでしょう。

 

 プロジェクトの内容自体が不透明である場合には、そもそも出資者の賛同を得られないことが考えられます。出資者の賛同を得られなければ、当然プロジェクトは頓挫してしまいますね。

 

 また、出資してもらった後も資金の使途を明確にし、より透明化された状態でプロジェクトを進めていくことが不可欠です。より多くの出資者に対して納得してもらうためにも、使途不明金を作らないことは重要になってくるでしょう。

 

 もちろん、プロジェクトの進捗状況に関しても逐一出資者に対して報告する必要があります。これらの進捗状況や資金の使途について明確にするためにも、クラウドファンディングとSNSは切っても切れない関係にあると言えますね。

 

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る