クラウドファンディングは支援者にもメリットいっぱいのシステム!

クラウド

・単位が少額であることが最大のメリット!

 クラウドファンディングは起案者にとってだけではなく、出資者にとってもメリットの大きい制度となっています。特に大きなメリットはやはり出資の単位が小さくて済むという部分でしょう。

 

 出資の単位が小さいことから出資者に対するリスクは非常に小さくて済みますし、何よりもプロジェクトやアイデアに対して小さい範囲から気軽に参加できるという部分もクラウドファンディングの強みになります。

 

 出資側が気軽に参加してくれればくれるほど、起案者にとっても資金を集めやすくなり、より多くの賛同者を集めて結果的に「塵も積もれば山となる」ということで大きな支援額を手にすることも出来るようになります。

 

 単位が少額であることから、中には「別に失敗してしまってもよい」という形で投げ銭のような援助を行ってくれる出資者が居ることも、クラウドファンディングの特徴です。投資と聞くと敷居が高く感じてしまいますが、クラウドファンディングは突き詰めると投げ銭のような側面がありますので、より気軽にプロジェクトに参加することが出来るのです。

 

・少額でもリターンがしっかりしていることもポイント!

クラウド

 

 出資する金額は少額ですが、クラウドファンディングは「出資型」と「購入型」に関してはきちんとしたリターンがあるという部分も魅力です。「出資型」は配当金や株式、「購入型」はものやサービスといった形でリターンを設けて、投資の成果物を得られるという仕組みは非常にフェアなものだと言えるでしょう。

 

 唯一、「寄付型」に関してはリターンがありませんが、こちらに関しては出資者の満足できるような社会的な貢献を行うことで、十分にリターンを得ることが出来ると言えるでしょう。

 

 また、出資者にとってのクラウドファンディングのメリットとして、自分の出資金の使途が明確になるという部分も挙げられます。SNSなどを通して起案者のプロジェクトがどのように進んでいき、どのように自分のお金が使われているのかということを逐一確認できるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

 

 起案者によってプロジェクトの進捗状況が示されることで、例えば目標額を超過した分はどのように使われたのか、出資金の使途内訳はどうなっているのか、といった部分も判明するようになります。せっかく出した自分のお金を無駄に使われないように監視することも可能なのです。

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る