クラウドファンディングの投資システムはどんなものか?

アフィリエイト

・クラウドソーシングと近いシステムを持っている!

 インターネットを通して不特定多数から投資や寄付を受けることができるクラウドファンディング。では実際に、クラウドファンディングによる投資や寄付のシステムは一体どのようなものになっているのでしょうか。

 

 クラウドファンディングによる資金を募る方法は実に様々な物があり、統一されたルールがあるわけではありません。しかし、まずは自分のプロジェクトの概要をきちんと知らせて全世界に周知する必要がありますから、ブログやSNSを通じて呼びかけるところから始まると言えるでしょう。

 

 とはいえ、これらのツールによる呼びかけだけでは起案者の声はほとんどの場合、すぐに埋もれてしまいます。そこで最近ではクラウドファンディングを仲介する「クラウドファンディングのクラウドソーシングサイト」のようなものがいくつも立ち上がっており、これらに自らのプロジェクトを載せて周知することが一般的になりつつあります。

 

 これらの周知を見て、投資する側がプロジェクトの骨子や内容に賛同できた場合には、起案者の指定する方法で寄付や投資などが行われることになります。現在では、クレジットカードによる決済方法が最も一般的になってきています。

 

 起案者は目標額を達成した場合に、その資金を元手にプロジェクトを達成させ、投資型の場合には出資者にリターンを行う、というのがクラウドファンディングの大まかな仕組みです。

 

・寄付、投資、購入型の特徴とは?

クラウド

 クラウドファンディングでは主に、「寄付型」「投資型」「購入型」の3つの方法で資金集めが行われます。それぞれ、どのような部分が違ってきているのでしょうか。

 

 「寄付型」は、出資者に対して一切のリターンがないものになります。寄付をした出資者は、出資を受けた側がプロジェクト内容をネットなどを通じて逐一報告することで自分のお金がどのように使われているかを確認することができます。災害支援など、社会的意義の大きいプロジェクトにおいてよく使われる方法です。

 

 「投資型」は、出資者に対してリターンのあるものになります。リターンの種類としては金銭によるものや、会社の場合には株式によって行われる場合などもあります。

 

 「購入型」は、プロジェクトが提供するものやサービスを購入することで、プロジェクトの活動を支援するというものになります。こちらはものやサービスを購入した時点でリターンが達成されていますので、より分かりやすい形式だと言えるでしょう。

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る