クラウドサービスも集積化最近のクラウドコンピューティング事情

・クラウドコンピューティングの進化とは

 クラウドコンピューティングには、「SaaS」「PaaS」「IaaS」という3つの種類があり、これら3つのツールが現役で頑張っているのが現在のクラウドコンピューティングの情勢だと言えます。

 

 また、クラウドコンピューティングは「SaaS」「PaaS」「IaaS」の順番に進化を遂げてきており、今最も進化したクラウドコンピューティングの形は、「IaaS」だということが出来ます。

 

「IaaS」とは、「SaaS」「PaaS」を包括するようなシステムを持ったクラウドコンピューティングであり、インターネット上にもう一つの仮想システムを構築し、いわば「もうひとつのコンピュータ」をネット上で動かすというものになります。「SaaS」「PaaS」などのシステムを発展させ、仮想システム自体をインターネット上に作ってしまおうとしたのが、「IaaS」なのです。

 

 そして、この「IaaS」は、インターネット上で同じシステムを複数人で使うことが出来るという点が新しい部分であり、同時に究極的なクラウドサービスであるという根拠でもあります。ネットを介して全く同じ環境で仕事をすることができるのが「IaaS」の新しい部分なのです。

 

・「IaaS」はクラウドサービスを集積させる

クラウド

 クラウドコンピューティングの究極的な進化の形である「IaaS」は、他の様々なクラウドサービスを集積させるという役割も担っています。クラウドサービスの集積化が進んだ結果、今以上にクラウドツールは使いやすくなると考えられます。

 

 現状のクラウドサービスは、大きな雲の中から自分が使うツールを探し出して使うという手間がかかる状態になっていますが、「IaaS」によって集積化したクラウドサービスならば、それぞれ異なった色の雲を見つけてその雲にさえアクセスすれば、あとはパソコンを使う場合と同じように代表的なクラウドサービスを使うことが出来るというようになっています。

 

 結果的に、クラウドの雲からツールを探し出すという手間が省けることから、クラウドを使う際にもより手際よく効率的に利用することができるのが、クラウドツールが集積化するメリットのひとつです。

 

 様々なクラウドツールがひとつの仮想システムの中に集まることで、ユーザーにとっても使いやすくすることを実現した「IaaS」。今後は、この「IaaS」が中心となって、クラウドサービスは更なる広がりを見せていくのではないでしょうか。クラウドツールの進化と合わせて、今後も注視していきましょう。

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る