クラウドコンピューティング活用事例従量制で経費削減にも効果大!

クラウド

・クラウドコンピューティングは従量制で契約する!

 ひとくちにクラウドコンピューティングと言っても、現在は様々な契約形態が入り乱れている状況ですが、現時点でメインとなる契約方法は、システムを利用した分だけ対価を支払う「従量制」という契約形態です。

 

 ほとんどのクラウドコンピューティングは、事業者によって提供されたアプリケーションやストレージ、サーバなどのサービスのうち、利用したサービスの分だけ料金が発生する仕組みになっています。ですから、無駄な支出を省いて使うことが可能なのです。

 

 このことは個人にとっても大変メリットのある点ですが、特に企業にとって大きな魅力となります。慢性的に「固定費」として自社サーバの管理費を湯水のように使っている企業にとって、自社のシステムにおいて利用していない部分を削減しようとすると、その削減をするための費用もかさんでしまいます。

 

 クラウドコンピューティングは、そんな無駄を省くことが出来る非常に使い勝手の良いサービスです。企業にとって無駄な部分は契約する必要がないのですから、大幅なコスト減を期待することが出来ます。

 

 

・効果的にコストをかけることで、業務の能率も向上!

クラウド

 過大なコストをかける必要がなく、自分たちの使う分野、使う部分にのみ効果的にコストをかけて使うことが可能なクラウドコンピューティング。その仕組みは、ビルのテナントに置き換えると分かりやすいでしょう。

 

 大きなビルの中に自分の使う間取りの部分だけを間借りすることができるような構図になっているのがクラウドコンピューティングであり、しかも増設や撤去も自由自在な間借りである点が新しいのです。使わない部分は適宜リリースし、より多く使う部分は増強するという、企業の都合に合わせた使い方が可能になります。

 

 加えて、クラウド事業者によって常に最新の設備が提供されているという点もクラウドコンピューティングの大きな魅力です。従来であればかかっていたシステム更新に伴う支出も、存分にカットすることが出来るのです。

 

 効果的にコストをかけることで会社のシステムもよりシンプルで分かりやすいものになりますから、社員にとっての使い勝手も向上します。使い勝手が向上することで、より能率的な業務を行うことが出来るのです。クラウドコンピューティングは、企業のコスト削減と能率の向上を一手に行うことが出来る、まさに夢のようなツールだと言えるでしょう。

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る