クラウドコンピューティング活用事例企業でもこんなに活用中!

クラウド

・クラウドコンピューティングを導入する企業は増えてきている

 企業がクラウドコンピューティングを導入する際の障壁として社員間の世代の違いによる情報格差という問題がありますが、そういった問題が比較的少ないベンチャー企業や若い社員の多い企業においては、すでにクラウドコンピューティングは業務におけるメインツールとして利用されています。

 

 ベンチャー企業等におけるクラウドコンピューティングは、もはやビジネスにおいて欠かせないツールであり、社員間の情報共有や協働においても威力を発揮しています。クラウドコンピューティングの最大のメリットである離れた場所同士における情報の共有や集積はミーティングの簡便化や社内業務の簡素化を実現し、業務のスピード感を作り出すことに成功しています。

 

 このような動きがベンチャー企業等を中心に広がっていることを受けて、ベンチャー系でない中小企業や、大企業においても少しずつではありますがクラウドコンピューティングの利用が広がってきているというのが現在の状況だと言えるでしょう。

 

・クラウドコンピューティングは「ブラック企業」を減らす?

クラウド

 クラウドコンピューティングは、適切に企業でも活用されることによって業務を効率化することが出来ます。業務を効率化することが出来るということは、すなわち長時間労働状態が解消され、いわゆる「ブラック企業」を少なくすることが出来るということにもなるのではないでしょうか。

 

 クラウドコンピューティングは、社員間の協働をよりしやすいものにしてくれますから、適切に運用さえされれば業務にはスピード感が出てきます。その結果より多くのリソースを他の業務にも回すことが出来ますので、企業としてはこれまで以上の仕事量をこなすことができるのです。

 

 このことは、長時間労働が常態化している企業にとっては総労働時間を減らすことに大きな効果を発揮するでしょう。残業が常態化している企業の体質をも変える効果が、クラウドコンピューティングにはあるのです。

 

 さらに、クラウドコンピューティングを使いこなせれば働く場所を選ばない働き方が出来ますから、フレックスタイム制や時短勤務といった勤務形態とも相性が良いと言えます。こういった働き方の新しい選択肢を考えた際にも、クラウドコンピューティングは必要不可欠なツールになると言えるのです。

 

 長時間労働でつらい思いをしている社員を多く抱えた企業は、一度クラウドコンピューティング導入を真剣に検討してみてはいかがでしょうか。

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る