クラウドコンピューティングを効果的に活用するために気をつけること

アフィリエイト

 ・情報管理に関して社内で意志の統一を図る

 クラウドコンピューティングを最大限効果的に利用するという点において、情報の流出を防ぐという部分は大きな課題となります。この点に関しては、会社内でどの程度情報管理に関するセキュリティを強化していくかという部分を検討する必要があります。

 

 情報流出の危険性に対するセキュリティの強さは、「パブリッククラウド」「ハイブリッドクラウド」「プライベートクラウド」の順番で強くなっていきます。しかし、この順番に導入に関して自社の費用や手間がかさんでしまうという点も懸念事項です。

 

 導入に関する費用を取るか、より強固なセキュリティを取るかという部分を社内で突き詰めて議論することで、自社にとって最適なクラウドサービスが何かということは見えてくるでしょう。この部分において、きちんと社内で意志疎通を図っておくことは非常に重要です。

 

 

・社員に対する教育も必要!

クラウド

 クラウドコンピューティングを効果的に活用するためには、使う側のスキルも非常に重要なものとなります。そういった意味でも、社員に対する情報教育、クラウドコンピューティングを使いこなすための教育は、必要不可欠なものだと言えるでしょう。

 

 クラウドコンピューティングに関しては、いわゆるデジタル・ネイティブ世代(1980年前後に生まれた世代)以降の世代であれば肌感覚として操作性等を認識していると考えられますが、それ以前の世代にとっては、そもそもパソコン・インターネット関連に対して非常に疎いような方も数多くいらっしゃいます。

 

 そういった方に新しいツールとしてクラウドコンピューティングを提示したとしても、その効果を最大限に引き出すことは難しいと考えられるでしょう。使いこなすことが出来ず、無用の長物と化してしまってはあまりにももったいないと言えます。

 

 ただ、デジタル・ネイティブでない世代に対して、基礎の部分から教育を行うことは現実的に難しいと考えられます。もちろん教育を行えばある程度使いこなせるようにはなると考えられますが、その段階まで進めるための時間やコストは、相当に大きなものになるでしょう。

 

 この点も、企業がクラウドコンピューティング導入に踏み切ることが出来ない理由の一つとして挙げられることが多くなっています。導入に際して、企業の抱える人材がそのシステムを最大限利用できるのか否かという部分に関しては、より慎重な見極めが必要になってくると言えるでしょう。

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る