より投資の敷居が下がる?クラウドファンディングの未来の姿!

・プラットフォームは現在と変わらない?

 近年ますます注目を集めているクラウドファンディング。日本ではまだ利用例自体が少ないクラウドファンディングですが、今後はしばらく利用実績が増え続けていくことが予想されます。

 

 プロジェクトを起案する側、投資する側ともにある程度のリスクはあるクラウドファンディングですが、特に投資側にとっては従前の投資よりも格段にリスクが少ないことが特徴となっています。

 

 誰でも手軽に資金提供や資金援助を魅力的なプロジェクトや人に対して行えるようになった現在、クラウドファンディングの主な課題は認知度の向上だと言えるでしょう。しかしこの部分に関しては、今後利用実績が増えていくにつれて顕著な成功例も現れると考えられますので、時間が解決する部分も多いのではないでしょうか。

 

 クラウドファンディングのモデル自体は、現在の形でほとんど完成していると言えますので、その部分で大きなモデルチェンジが行われる可能性は少ないと言えます。今後もクラウドファンディングの資金を集める方法自体は、現在とそれほど変わらない方法によって行われるのではないでしょうか。

 

・投資への抵抗感を薄めるのが、日本での普及のカギ?

クラウド

 クラウドファンディングを日本で普及させるうえでクリアしなければいけないのは、日本における「投資への抵抗感」の払しょくではないでしょうか。

 

 日本において、ビジネスマン同士での取引ではなく一般市民による投資活動ということに対しては、まだまだ市民権が得られていないのが実情だと言えます。寄付型や購入型であれば従前にもあったモデルと大差がありませんから抵抗なく受け入れられると思いますが、投資型のクラウドファンディングは日本においては新しい概念であることから、なかなか受け入れられないという節もあると言えます。

 

 また、クラウドファンディング自体がまだ新しい概念であるために、日本においてはまだまだ怪しい人材が多いことも普及を妨げる一因だと言えます。投資と聞いて何となく「詐欺」「損」というようなイメージが拭い去れないのは、日本のクラウドファンディングにおいてはまだそういった怪しい人材が少なくないからという部分もあるでしょう。

 

 クラウドファンディング自体が自浄作用を発揮し、そういった怪しい人材を排除することが出来れば、手軽かつリスクの少ないモデルであることも相まって今後より一層日本でも広がりを見せていくのではないでしょうか。

人気の通信教育はこちら

少しでも気になったら… 無料資料請求!!
人気の通信教育
更に今ならっ!!
資料請求された方全員に
通信講座徹底ガイド本
もれなくプレゼント!!
通信講座の資料
ページトップへ戻る